2019.12.06

天皇杯の再戦、秋田ノーザンハピネッツは日本人選手の奮起に期待

国内外のバスケ情報をお届け!

秋田ノーザンハピネッツvsアルバルク東京(@CNAアリーナ☆あきた)
第1戦:12月7日14時5分、第2戦:12月8日14時5分

 B1リーグはシーズンの約4分の1が終了。東地区は全6チームが勝率5割超えと激戦の模様を見せており、今節は9勝6敗の秋田ノーザンハピネッツと12勝4敗のアルバルク東京が激突する。両チームは「第95回天皇杯・第86回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」2次ラウンド5回戦で対決したばかりだ。

 秋田は4回戦で島根スサノオマジックと対戦した。第9節で顔を合わせた相手に対し、第1クォーターから8点のリードを奪い、最終スコア72-61で勝利。長谷川暢中山拓哉を中心に19スティールを記録し、相手を大きく上回る36リバウンドもマークした。

 A東京はB3所属の埼玉ブロンコスに100点ゲーム。17-14と苦戦した第1クォーターを終えると、第2クォーターはミラン・マチュワンの13得点を含む一挙29得点で突き放し、後半も相手を圧倒した。

 そして迎えた5回戦。A東京が第1クォーターで11点のリードを得ると、最終的に31点差をつけて快勝した。安藤誓哉ケビン・ジョーンズ須田侑太郎田中大貴アレックス・カークの5人が2ケタ得点を挙げたほか、11月24日のサンロッカーズ渋谷戦で戦列に復帰したザック・バランスキーが2本の3ポイントを含む9得点。スモールフォワードとパワーフォワードをこなす貴重な戦力がチームに帰ってきた。

 チームの公式HPを通じて「これが今の自分たちの力で、A東京さんとの力の差を感じました」と試合を振り返った秋田の前田顕蔵ヘッドコーチは、リーグ戦での再戦に向けて「A東京さんと2戦、またチャレンジできます。いいチャレンジができるように準備したいと思います」と意気込みを語っている。

 第3節での対戦はホームの秋田に軍配が上がったが、A東京は小島元基が試合序盤に負傷退場し、その後は8人での戦いを強いられた。秋田は古川孝敏の欠場が続く今、細谷将司保岡龍斗など日本人選手が奮起しなければならない。

■ロースター
・秋田(ヘッドコーチ:前田顕蔵)
細谷将司
野本建吾
白濱僚祐
今川友哲
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
保岡龍斗
ウィリアムスニカ
ハビエル・カーター
ジャスティン・キーナン
カディーム・コールビー
古川孝敏

・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
正中岳城
ザック・バランスキー
須田侑太郎
ミラン・マチュワン
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
田中大貴
山本柊輔
アレックス・カーク

この試合の他の記事