2019.12.07

<谷藤博美のぎゅぎゅっと!レバナビッ!>③ パシスタスピリッツの練習にお邪魔しました

笑顔がまぶしいパシスタスピリッツのメンバー(筆者左端)[写真]=谷藤博美
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 こんにちは谷藤博美です!レバンガ北海道のホームゲームに華を添える専属ダンスチーム「パシスタスピリッツ」のスタジオにお邪魔してきました。パフォーマンスの裏に隠れた彼女たちの努力を少しだけご紹介します。

■驚きの練習量!
 練習開始に合わせて午後6時30分にスタジオを訪ねると、既に皆さん、体を動かしていました。「もしかして、遅刻してしまった⁉」と一瞬慌てましたが、早い人で45分前、遅くても30分前にはスタジオに入り、筋力トレーニングやストレッチのウォーミングアップをして、チアダンスのレッスンに移ります。

 新曲の振り付けやフォーメーションの確認、音楽に合わせて実際のテンポで繰り返し練習。動いていない時間はほとんどなく、練習が終わったのは午後9時過ぎ。華奢な彼女たちがこなす運動量はかなりのもので、顔を真っ赤にしながら練習に励んでいました。

ハードな練習中も常に「笑顔」が絶えません[写真]=谷藤博美

■楽曲選び&振り付けは全て自分たちで!
 パシスタスピリッツには、振付師の先生が居るかと思いきや、音楽選びから振り付け、フォーメーションまで、キャプテンのYUMEKAさん、ディレクターのKAHOさんを中心にメンバーで考えています。レパートリーは、シーズン開始時は15曲でしたが、終了時には約30曲まで増えるそう。ただ、盛り上がりに欠けると、一度きりでお蔵入りをする決断をすることもあるといいます。会場を盛り上げるために彼女たちは常に全力です。

考えてきた振り付けを皆にレクチャーするAIRIさん[写真]=谷藤博美

振り付け・フォーメーション等を念入りにチェックするAIRIさんとMOMOさん[写真]=谷藤博美

■髪の毛はロングヘアー♪
「ルールがあるわけでないのですが、みんな自然とロングヘアーですね」と笑顔で話してくれたKAHOさん。広い会場で動きをより大きく見せるためには、髪の長さがひとつのポイント。パシスタスピリッツはダンスをするときに髪を束ねず、ロングヘアーをなびかせていますよね。髪の長さが違うと、頭を振り下ろした時などの髪のなびき方、毛先の落ちるスピードも違ってきます。全員の動きがそろって見えるように、踊る時は髪の長さも考慮して「首を傾ける角度」も細かく調整しています。

足元から指先まで・・・いえ毛先まで意識してダンスしていますよ[写真]=谷藤博美

腰の長さまであるメンバーも!髪の毛を綺麗に伸ばすのって実は難しいので女性の私は憧れます[写真]=谷藤博美

■LEVANGAの文字が目印
 練習スタジオの鏡に目をやると、手書きで描かれた暗号のような絵が等間隔で貼られていました。その中央には「LEVANGA」のログマークも…。なんだろうと不思議に思って見ていると、「これ、立ち位置の目印になっているんです」とKAHOさん。バスケットのコートには目印をつける事ができません。そのため、踊るときの目印はコートに大きく描かれている「LEVANGA」! ロゴマークを上手に使って複雑な立ち位置も完ぺきにこなします。

<③みじかトゲ><④ながトゲ> ロゴと照らし合わせてみると・・・?[写真]=谷藤博美

どこが目印になっているのか、是非考えてみてくださいね。

■試合中はヘッドコーチの気持ち⁉
 バスケファンの皆さんはご存じの通り、試合中のダンスは「タイムアウト」のタイミングで行うため、彼女たちの出番が「いつ、どこで始まるか」は事前には分かりません。タイムアウトは各チーム、前半に2回、後半に3回取る権利があり、加えてオフィシャルタイムアウトもあります。接戦が続く展開の時は、第4クォーター後半の数十秒間にタイムアウトが続く事もありますよね。踊りだすタイミングは展開次第!YUMEKAさんが「試合はいつもヘッドコーチの気持ちで観ています」と笑顔で話してくれたのが印象に残りました。

チームについてお話してくれたYUMEKAさん(左)KAHOさん(右)

 まだまだ語りつくせませんが、ダンスに向き合うひたむきな姿勢と笑顔の裏に隠れた努力を練習にお邪魔して、垣間見ました。そして何よりも「会場に来た人を全力で喜ばせたい」という思いがひしひしと伝わってきました。

 今季は「DANCE WITH LEVANGA SPIRITS」のスローガンのもと活動に励むパシスタスピリッツ!レバンガ北海道の試合を観戦するときは、是非パシスタスピリッツのパフォーマンスにも注目してみてくださいね♪

会場はこの笑顔がより輝くこと間違いなし!

<谷藤博美(たにふじ・ひろみ)> 北海道放送(HBC)アナウンサー。富山のテレビ局で記者兼アナウンサーを6年経験し、3年前に北海道に帰ってきました。好きなことは食べること、漫画を読むこと、筋トレをすること。コラムや番組で「こんなことが知りたい!聞いてみたい!」ということがあれば、八幡淳さんとお届けする「サンデースタジアムDOing!」(日曜午前10時30分~12時)までメッセージを下さいね(試合情報と選手の生の声を毎週お届けする「ぎゅぎゅっと!レバナビッ!」は11時30分頃から放送です)。
公式インスタグラム https://www.instagram.com/hbc_tnfj63/
公式プロフィール  http://www.hbc.co.jp/ana/tanifujihiromi/tanifujihiromi.html
番組HP https://www.facebook.com/hbcradioDOing/

■関連記事
・<谷藤博美のぎゅぎゅっと!レバナビッ!>②レバンガの会場って、こんな雰囲気
https://basketballking.jp/news/japan/20191005/193616.html

・<谷藤博美のぎゅぎゅっと!レバナビッ!>①バスケを好きになるなら絶対に今‼
https://basketballking.jp/news/japan/20191005/193608.html