2019.12.10

両軍にとってターニングポイントの一戦、新潟アルビレックスBBは好相性の相手から白星を奪えるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

新潟アルビレックスBBvs富山グラウジーズ(@シティホールプラザ アオーレ長岡)
12月11日19時5分

 新潟アルビレックスBBの試練の時期は今なお続く。昨季は6戦全勝を収め、それ以前の2シーズンでも2度しか負けていない横浜ビー・コルセアーズに今季初対戦で黒星を喫し、前節も連敗。その要因は2戦とも60点台前半という得点力の低さ。インサイドの外国籍選手が確実性を欠き、ニック・パーキンズは2戦目で30得点と奮起したものの、ラモント・ハミルトンは2戦を通じて今一つ。日本人選手の3ポイントも再び沈黙し、1戦目で5本中3本を決めた池田雄一が2戦目を欠場すると、成功率は2割を切ってしまった。昨季の敗戦数に早くもあと2つと迫り、中地区首位の川崎ブレイブサンダースとは10勝差がついている。

 その富山も前節は千葉ジェッツに連敗。2戦とも粘り強く戦うことができ、特に2戦目は延長にもつれこむ戦いぶりだったが、第4クォーターと延長ともに残りわずかの時間帯で1点リードを守りきれなかった。それでも、千葉を連日70点台に抑え、2戦目に至っては第4クォーター終了時点で64点しか与えなかったことは十分な成果。前田悟の2ケタ得点が7試合連続に伸び、2戦目で今季初スターターの水戸健史が11得点をマークするなど、いい材料も少なくなかった。

 ともに昨季はチャンピオンシップに進出した両者も、今季はここまで5勝13敗と低迷。まだシーズン序盤ではあるが、この今季初対戦はどちらにとってもターニングポイントになる。ホームの新潟は、前節も昨季まで得意にしていた相手にホームで連敗しているだけに、同じく昨季6戦全勝の富山には負けたくないところ。逆に富山は苦手意識を払拭するチャンスだ。その富山は前節、外国籍選手がレオ・ライオンズジョシュ・ペッパーズというややアウトサイド寄りの布陣だったにもかかわらず、インサイドの強い千葉をうまく守ってみせた。新潟としては、ハミルトンとパーキンズがそのパワーでインサイドをこじ開けることが勝利には不可欠となる。

文=吉川哲彦

■ロースター
・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
柏木真介
五十嵐圭
髙橋浩平
鵜澤潤
石井峻平
森井健太
上江田勇樹
今村佳太
池田雄一
ニック・パーキンズ
ラモント・ハミルトン

・富山(ヘッドコーチ:ドナルド・ベック)
レオ・ライオンズ
山口祐希
松山駿
船生誠也
阿部友和
山田大治
水戸健史
菅澤紀行
宇都直輝
前田悟
葛原大智
ジョシュ・ペッパーズ
ダニエル・オルトン
ジョシュア・スミス※インジュアリーリスト

この試合の他の記事