2020.01.15

今季リーグ戦は琉球ゴールデンキングスが3勝…滋賀レイクスターズは伊藤大司、前田怜緒の働きに期待

国内外のバスケ情報をお届け!

琉球ゴールデンキングスvs滋賀レイクスターズ(@沖縄市体育館)
1月15日19時35分

 前々節に西地区首位に返り咲いた琉球ゴールデンキングスは、前節もその勢いで宇都宮ブレックスから1戦目に白星を奪取し、連勝を止めてみせた。第3クォーターに失点を12点に抑えたのが奏功し、第4クォーター終盤に猛烈な追い上げを受けながらも2点差で逃げきった。

 しかし2戦目は前半に27-49と圧倒され、第3クォーターに点差を詰めたものの劣勢をはね返すには至らなかった。ジャック・クーリーが今季2度目の30得点をマークした前日に続いて27得点17リバウンドと奮闘し、特別指定選手の牧隼利が7得点を挙げたことも明るい材料だが、直接対決でリードされている大阪エヴェッサとの差が1つ縮まり、今節は再び首位の座を手放す可能性がある。

 滋賀レイクスターズは12月を3連敗で終えたが、年が明けて迎えた前節はレバンガ北海道から2勝。最後までクロスゲームを演じた1戦目、残り4秒に高橋耕陽がドライブをねじ込んで激戦を制すると、2戦目は第3クォーターまでに18点差をつけたのが効いて連勝。5人が2ケタ得点をクリアし、フリースローで25点を積み上げたのも大きかった。弾みをつけて臨んだ「第95回天皇杯全 日本バスケットボール選手権」もシーホース三河を下して準決勝に進出。その後優勝を果たすサンロッカーズ渋谷にはねじ伏せられたが、西地区から唯一ファイナルラウンドに駒を進め、クラブ史上最高の大会3位と爪痕を残したことはますます自信につながるだろう。

 チームが着実に上昇ムードに包まれている今の滋賀は、今季リーグ戦では3度対戦して、まだ勝てていない琉球に対しても臆することなく挑めるだろう。気になるのは天皇杯準決勝で負傷した齋藤拓実のコンディション。バックアップの狩俣昌也は良いパフォーマンスを披露しているが、さらにそのバックアップとして伊藤大司にも試合を作る働きが求められる。特別指定選手として加入した前田怜緒にも、サイズのあるウィングプレーヤーとして期待したい。

文=吉川哲彦

■ロースター
・琉球(ヘッドコーチ: 藤田弘輝)
石崎巧
福田真生
並里成
デモン・ブルックス
ナナー ダニエル弾※特別指定
長谷川智伸
岸本隆一
寒竹隼人
田代直希
満原優樹
小野寺祥太
ユージーン・フェルプス
ジャック・クーリー
牧隼利※特別指定

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
齋藤拓実
狩俣昌也
シェーファーアヴィ幸樹
佐藤卓磨
ヘンリー・ウォーカー
中村功平
谷口光貴
ジェフ・エアーズ
高橋耕陽
荒尾岳
狩野祐介
クレイグ・ブラッキンズ
伊藤大司
前田怜緒※特別指定

この試合の他の記事