2020.02.06

みんなで決めよう! 1月の『MONTHLY BEST of TOUGH SHOT』…抽選でG-SHOCKの最新モデルをプレゼント

国内外のバスケ情報をお届け!

 B.LEAGUE2018-19シーズンに引き続き、2019-20シーズンもバスケットボールキングとカシオ計算機株式会社による共同企画を実施。B1各節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』を月ごとでまとめ、ユーザーが対象ショットの中からナンバーワンタフショット『MONTHLY BEST of TOUGH SHOT』を決めるというものです。

 ナンバーワンショットに投票した人の中から抽選で1名様に、G-SHOCKの“DW-6900”シリーズ生誕25周年を記念したスペシャルモデル『DW-6900SP-7JR』を贈呈。第4回目は第16節から第20節の、以下の計25ショットが対象です。

■DW-6900SP-7JR

1983年の発売以来、飽くなき強さを求めて進化を続けるタフネスウオッチG-SHOCKから、1995年に発売した三つ目モデル“DW-6900”生誕25周年を記念したスペシャルモデルが登場。

時計全体をシースルーのスケルトン素材で構成。文字板は、見る角度によって色が変わる偏光グラデーション蒸着をガラスに施し、液晶ディスプレイの三つ目グラフ部分には3色のマルチカラーを採用、デジタル表示部分には25周年を表したモノグラムデザインが施されている。

パッケージもホログラム印刷やカラーブロッキングで時計のデザインに連動している特別仕様となっている。

DW-6900から、25周年モデルに相応しいスペシャルなG-SHOCKが誕生した。

<仕様・機能>
●耐衝撃構造
●20気圧防水機能
●ストップウオッチ(1/100秒(00’00″00~59’59″99)/1秒(1:00’00″~23:59’59″)、24時間計、スプリット付き)
●タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)
●マルチアラーム・時報
●フルオートカレンダー
●12/24時間制表示切替
●ELバックライト(残照機能付き)
●報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)
●EL:ブルーグリーン

<サイズ(高×横×奥)>
ケースサイズ(H×W×D):53.2×50.0×16.3mm

<質量>
67g

投票はこちら

■第16節(4日~5日)
1位:高橋耕陽滋賀レイクスターズ/4日北海道戦)
2位:川村卓也シーホース三河/5日秋田戦)
3位:富樫勇樹千葉ジェッツ/5日A東京戦)
4位:アキ・チェンバース横浜ビー・コルセアーズ/5日SR渋谷戦)
5位:ケネディ・ミークスレバンガ北海道/4日滋賀戦)


 
■第17節(15日)
1位:ラモント・ハミルトン新潟アルビレックスBB/15日横浜戦)
2位:テーブス海宇都宮ブレックス/15日SR渋谷戦)
3位:前田悟富山グラウジーズ/15日三河戦)
4位:富樫勇樹千葉ジェッツ/15日秋田戦)
5位:橋本拓哉大阪エヴェッサ/15日名古屋D戦)


 
■第18節(22日)
1位:ジェームズ・サザランド横浜ビー・コルセアーズ/22日川崎戦)
2位:アレックス・カークアルバルク東京/22日SR渋谷戦)
3位:齋藤拓実滋賀レイクスターズ/22日大阪戦)
4位:安藤周人名古屋ダイヤモンドドルフィンズ/22日島根戦)
5位:チャールズ・ジャクソンサンロッカーズ渋谷/22日A東京戦)

■第19節(24日~26日)
1位:河村勇輝三遠ネオフェニックス/25日千葉戦)
2位:大塚裕土川崎ブレイブサンダース/24日京都戦)
3位:中東泰斗名古屋ダイヤモンドドルフィンズ/25日三河戦)
4位:富樫勇樹千葉ジェッツ/25日三遠戦)
5位:河村勇輝三遠ネオフェニックス/26日千葉戦)

■第20節(29日)
1位:河村勇輝三遠ネオフェニックス/29日新潟戦)
2位:ハビエル・カーター秋田ノーザンハピネッツ/29日北海道戦)
3位:テーブス海宇都宮ブレックス/29日A東京戦)
4位:藤井祐眞川崎ブレイブサンダース/29日三河戦)
5位:クリス・ジョンソンシーホース三河/29日川崎戦)

■投票フォーム(2月12日締め切り)
https://forms.gle/suNXUtwKVwBZKFTb7

■G-SHOCK公式WEBサイト
https://g-shock.jp/

MONTHLY BEST of TOUGH SHOTのバックナンバー