2020.02.16

宇都宮ブレックス、敵地でシーホース三河に先勝…鵤誠司が圧巻の4スティール

[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月16日、スカイホール豊田にてB1リーグ第23節第1戦が行われ、宇都宮ブレックスシーホース三河と対戦した。

 第1クォーター、宇都宮はライアン・ロシターが8得点、比江島慎が7得点の活躍を見せる。対する三河も、ダバンテ・ガードナーに12得点、金丸晃輔が9得点をマークし、23-27で終えた。続く第2クォーター宇都宮は、ディフェンスの強度を上げ、この10分間で相手に8個のターンオーバーを誘発。44-43と逆転し、後半へ。

 第3クォーター開始20秒にジェフ・ギブスが先制すると、鵤誠司、比江島の得点で53-43と10点差をマークした。桜木ジェイアール川村卓也に得点を許したものの、流れを渡さず、64-56で最後の10分間へ。最終クォーターは、ギブスの“3点プレー”でスタート。鵤も続き、開始2分22秒時点で69-56とした。その後は奪ったリードを守り抜き、最終スコア83-75で試合終了。なお、勝利した宇都宮の鵤は、10得点、4アシスト、4スティールと攻守に活躍が光った。

■試合結果
シーホース三河 75-83 宇都宮ブレックス(@スカイホール豊田)
三 河|27|16|13|19|=75
宇都宮|23|21|20|19|=83

この試合の他の記事