2020.03.15

無観客で再開したBリーグ、千葉ジェッツの富樫勇樹が試合後にコメント「すごく違和感があった」

再開初戦では14得点をマークした [写真]=B.LEAGUE
2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

 3月14日、無観客試合で再開したBリーグ。日々刻々と変化する社会情勢の中、ファン・ブースターのいないアリーナで選手たちはどのようにプレーしたのか?千葉ジェッツ富樫勇樹に話を伺った。

1日でも早く皆さんの前でプレーしたい

 
「こういう状況で、バスケットができるという喜びもある中、試合をすることが正しいのかということはいろんな選手の考えがある中での試合だったんですが、やると決まっていたので、1人の選手として最大の準備をして試合に臨めたと思います。

 チームは誰一人文句を言わずに取り組んでいたので、中断期間中は良い練習ができました。今日の勝利にはつながらなかったですが、決してマイナスな時間ではなかった。やるからには勝利を目指して、全力でプレーしたいと思います。

 千葉ジェッツというチームはありがたいことに毎試合のように満員のアリーナでプレーさせてもらえているので、すごく違和感があった。改めてBリーグはたくさんのファン・ブースターの方で作られていると本当に感じました。1日でも早く皆さんの前でプレーしたいという気持ちは強いです。

 フロントスタッフは少しでも選手がやりやすい状況、普段と同じ状況を作るということと、見てくれている人へのメッセージも含めてよく考えてくれたと思う。ブースターの皆さんも会場で応援したいと思う人がたくさんいると思うし、オリンピックも安心してプレーできる、応援できる環境じゃないと成功しない。この状況が落ち着いて、日本だけでなく世界に日常が戻ればいいなと強く思います」


ファンのありがたさを再認識した富樫 [写真]=B.LEAGUE

取材・文=吉川哲彦

この試合の他の記事