2020.05.18

得点王ダバンテ・ガードナーがシーホース三河と契約継続! 長野誠史、加藤寿一も残留

契約継続が発表された3選手 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 シーホース三河は18日、長野誠史加藤寿一ダバンテ・ガードナーとの契約継続を発表した。

 石川県出身の長野は、175センチ75キロのポイントガード。東海大学九州、大阪エヴェッサを経て今シーズン三河へ加入し、41試合の出場で184得点(平均4.5得点)89アシスト(同2.2アシスト)を記録した。

 今シーズンキャプテンを務めた加藤は、191センチ86キロのシューティングガード。法政大学在学中にアーリーエントリーで三河へ加入し、在籍5年目の今シーズンは33試合の出場で31得点(同0.9得点)5アシスト(同0.2アシスト)を挙げた。

 203センチ132キロでパワーフォワードを本職とするガードナーは、今シーズン新潟アルビレックスBBから移籍。40試合の出場で936得点(同23.4得点)396リバウンド(同9.9リバウンド)をマークし、3年連続で得点王に輝いた。

 3選手はクラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

 長野誠史
「2020-21シーズンもシーホース三河の選手としてプレーさせていただくことになりました。今シーズンは不甲斐ない結果で終わってしまい悔しさしかありません。来季はこの悔しさを糧に勝利を積み上げていきたいと思います。そしてまた会場で会える日を楽しみにしています」

 加藤寿一
「いつもアツいご青援ありがとうございます。2020-21シーズンもシーホース三河でプレーさせていただけることに、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。 より覚悟と責任を持って新シーズンを過ごしていきます。
 昨シーズンは新型コロナウイルスの影響により、無観客試合や中断、そしてシーズンの途中終了など多くのことを経験しました。その中で感じたことは、本当にたくさんのブースターやファンの方々に支えられているということでした。これからも共に戦ってくださると心強いです。引き続き、シーホース三河へのご青援よろしくお願い致します!
 体調には気をつけて、元気な姿で新シーズンお会いしましょう!ホームアリーナでお待ちしております!」

 ダバンテ・ガードナー
シーホース三河ファンの皆さん、2020-21シーズンも三河でプレーすることになりました。皆さんの前でまたプレーすることを楽しみにしています。皆さんのために一生懸命戦ってベストを尽くします。Go SeaHorses!」