2020.05.25

アルバルク東京、今季途中加入の津山尚大と契約継続「ファンの皆様と一緒に戦いたい」

今季途中に加入した同選手 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は25日、津山尚大との契約継続を発表した。

 沖縄県出身の同選手は、178センチ85キロのポイントガード。福岡大学付属大濠高校から琉球ゴールデンキングスに加入し、2018−19シーズンはライジングゼファー福岡でプレー。シーズン終了後に海外挑戦を表明し、昨年11月カナダのハリファックス・ハリケーンズと契約したが、一カ月後に契約解除。その後A東京に加入し、13試合の出場で57得点(平均4.4得点)26アシスト(同2.0アシスト)をマークした。

 A東京残留が決まった津山は、クラブ公式HPで「2020-21シーズンもアルバルク東京でプレーさせていただけることなりました。チーム関係者、ファンの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。今シーズン以上に努力し、チームの目標であるBリーグ優勝を達成出来るよう、ファンの皆様と一緒になって戦っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」とメッセージを送っている。

 なお、A東京は小島元基ザック・バランスキー須田侑太郎菊地祥平笹倉怜寿平岩玄小酒部泰暉の残留をすでに発表している