2020.07.13

バンビシャス奈良、昨季47試合に出場した木村啓太郎と契約合意「覚悟を持ってプレーします」

移籍が発表された同選手 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月13日、バンビシャス奈良木村啓太郎との選手契約合意を発表した。

 青森県出身の同選手は、175センチ、67キロのポイントガード。新潟医療福祉大学から2015年に、新潟アルビレックスBBへアーリーエントリーで入団した。2016年からは地元・青森ワッツでプレー。その後は、香川ファイブアローズを経て、昨季オフにファイティングイーグルス名古屋へ入団した。昨季は、47試合に出場し、225得点(1試合平均4.8得点)、118アシスト(同2.5アシスト)を記録した。

 入団が発表された同選手はクラブ公式HPにて「昨シーズンの大きな反省として、求められている事、出来ないことばかりに目を向けて過ぎて純粋にバスケットボールを楽しめなかった自分がいました。バンビシャス奈良ではチームに求められている事を表現しながら、僕の得意なプレーややりたい事にチャレンジして行きたいですし、それがチームの勝利に繋がると思っています。その分、覚悟を持ってプレーします」と意気込みを語った。