2020.09.20

千葉ジェッツが新体制発表会を実施、キャプテンに富樫勇樹が就任…副キャプテンは田口成浩が続投

キャプテンに就任した富樫(左)、副キャプテンは田口となった(右) [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 千葉ジェッツは9月19日、オンラインにて「新体制発表会」を行った。

 指揮官を務める大野篤史ヘッドコーチが今季のキャプテン、副キャプテンを発表。キャプテンには富樫勇樹、副キャプテンには田口成浩が就任した。

 現在27歳の富樫は、日本代表にも名を連ねるポイントガード。千葉には2015年から在籍し、昨季40試合に出場し、1試合平均14.4得点、6.5アシストをマークし、ベスト5とアシスト王を受賞した。

 富樫は「正直キャプテンの経験もあまりないので、どうすれば良いのかわからない時もありますけど、その時には“掛け声キャプテン田口”とともに、2人で力を合わせて頑張りたいと思います。もう27歳ということで、(赤穂)雷太や(佐藤)卓磨という年下の選手も初めて入ってきたので、しっかり声をかけて行けるように頑張ります」と意気込みを述べた。

 指揮官も富樫に「プレーリーダーだけではなく、チームリーダーとしても内外に発信していって欲しい」と期待を寄せた。

今季はキャプテンとしてもチームを引っ張る [写真]=B.LEAGUE

 副キャプテンは田口が続投。田口は2018年より千葉でプレーしており、昨季は40試合の出場で1試合平均6.4得点を記録している。

 田口は「今シーズンは富樫勇樹がキャプテンということで、すごく大変な年になるのかなと思っています」と場を和ませると「大変だからこそ僕がサポートしていいチームになっていけたらなと思っています。何がなんでも優勝しましょう!」とコメントした。