2020.09.20

千葉ジェッツ、会社設立10周年を記念して今季10個のプロジェクトに挑戦

国内外のバスケ情報をお届け!

 千葉ジェッツは9月19日、会社設立10周年を記念した「10周年プロジェクト」の開催を発表した。

 千葉は、2010年に会社を設立し、2020-21シーズンで会社設立10年目を迎える。今企画では、その会社10周年を記念し、10個のプロジェクトを実施する。1つ目は、ホームアリーナのセンターサークルが10周年仕様に。これは今季限定であり、船橋アリーナ、千葉ポートアリーナともに10周年仕様となる。

 2点目は記念グッズの販売。千葉ジェッツ10周年を意味する「CJ10」がプリントされたフェイスタオル、エコバッグ、タンブラーなどの販売を予定している。

▽オンラインショップはこちらから▽
https://www.chibajets.com/c/CJ10th

 3つ目は、田村大氏がシーズンメインビジュアルを制作。田村氏は、NBA選手のイラストで注目を集めるイラストレーター。アリーナの装飾やグッツなどに田村氏のイラストが施される。

 4つ目は、ソウルSKナイツとの提携。同チームはKBLに所属するプロバスケットボールチームであり、昨年参加した『The Terrific 12』をキッカケに交流を深めている。同チームとは、トップチームやユースチームの交流だけでなく、ビジネス面でも強化を行っていく。

 5点目は、地域貢献活動だ。地元船橋市でクラフトビールを製造している船橋ビール醸造所と協力し、10周年記念ビールの販売を行う。ホンビノス貝を使った黒ビールや船橋地産の人参を使ったホワイトビールなど地産地消の商品となっている。

 6点目は、初のシーズン密着ドキュメンタリー「THE INSIDE powered by Sateraito Office」の制作だ。コロナ渦の中、入場制限などでファンとの距離を埋めるべく、ドキュメンタリー番組を毎月、公式YouTubeチャンネルにて配信する。

▽公式YouTubeチャンネルはこちらから▽
https://www.youtube.com/user/chibajets?sub_confirmation=1

 7点目は、ロックアイス体育館プロジェクト。小久保製氷冷蔵社が建設する2021年3月竣工予定の『ロックアイス体育館(仮)』を専用練習場として使用する。これによりチームの強化をはかり、ファンへ恩返しをしていく。

 なお、現段階で発表されていない3つの企画については後日発表される。