2020.10.04

富山グラウジーズ、京都ハンナリーズとの開幕節に連勝…ジュリアン・マブンガが古巣相手に2戦計68得点

古巣を相手に活躍が光ったマブンガ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月4日、各地でB1リーグ第1節第2戦が行われ、ハンナリーズアリーナでは富山グラウジーズ京都ハンナリーズと対戦した。

 試合は宇都直輝が先制点をマークすると、松脇圭志ジュリアン・マブンガも続き、試合の主導権を握った。第1戦でキャリアハイとなる46得点をマークしたマブンガは、この日も好調を維持。第1クォーターから10得点をマークし、30-18で終えた。第2クォーターは拮抗した展開となるも、前田悟がこの10分間で8得点と攻撃をけん引。50-36で試合を折り返した。

 第3クォーターでも富山は、マブンガや宇都らが流れを作り、相手を上回る21得点を積み上げ、71-52と大きくリードを奪い、最後の10分へ。最終クォーターでも攻撃の手を緩めることなく、最終スコア-で富山が敵地で連勝をマークした。

 なお、勝利した富山は、マブンガが古巣を相手に22得点、10リバウンド、10アシストで“トリプルダブル”を達成。前田がチーム最多の24得点、宇都が16得点、松脇11得点と持ち前の攻撃力を披露した。

■試合結果

京都ハンナリーズ 75-97 富山グラウジーズ(@ハンナリーズアリーナ)

京都|18|18|16|23|=75

富山|30|20|21|26|=97

BASKETBALLKING VIDEO