2020.10.17

第3Qで抜け出した島根スサノオマジックがレバンガ北海道を撃破

山下泰弘は、今季最多の14得点をゲット [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月3日、各地でB1リーグ第3節第1戦が行われ、島根スサノオマジックレバンガ北海道と対戦した。

 島根は、第1クォーターを19-17で終えると、続く第2クォーターは激しい点の取り合いに。今節よりチームに加わったペリン・ビュフォードが8得点とチームをけん引するも、北海道のニック・メイヨに16得点を与えてしまい、41-42で後半へ。

 第3クォーターに入ると流れは島根に。デモン・ブルックス山下泰弘が確率良くシュートを沈め、計28得点の猛攻。69-60と大きくリードを奪い、最終クォーターへ。最終クォーターは、新加入のリード・トラビスの3ポイントシュートでスタート。ビュフォードも続き、開始3分12秒で81-64とリードを拡大した。その後は奪ったリードを守り抜き、最終スコア93ー85で試合終了。島根が敵地で白星を獲得した。

■試合結果
レバンガ北海道 85-93 島根スサノオマジック(@北海きたえーる)
北海道|17|25|18|25|=85
島 根|19|22|28|24|=93

この試合の他の記事