2020.10.22

宇都宮ブレックスが上位対決を制す! アルバルク東京は今季2敗目

接戦を制した宇都宮[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月21日、各地でBリーグ第4節が行われ、宇都宮ブレックスアルバルク東京と対戦した。

 第1クォーター、東京の田中大貴にレイアップで先制されると開始3分40秒で2-12と大きくリードを広げられた宇都宮だったが、その後はLJ・ピークの3ポイントなどで流れを掴む。18-15と逆転し最初の10分間を終え、続く第2クォーターでも宇都宮が点差を広げ39-32で試合を折り返す。

 第3クォーター、この試合28得点を挙げたアレックス・カークを中心とした東京のオフェンスに苦しんだ宇都宮は55-57とリードを奪われ勝負の最終クォーターへ。第4クォーターに再び逆転した宇都宮だったが、残り2分53秒にカークのフリースローで71-70と詰め寄られる。しかし残り2分30秒に比江島慎が3ポイントシュートを沈め74-70とリードを広げ、そのまま逃げ切った宇都宮は最終スコア80-75で今季6勝目を挙げた。

■試合結果
アルバルク東京 75-80 宇都宮ブレックス(@アリーナ立川立飛)
A東京|15|17|25|18|=75
宇都宮|18|21|16|25|=80

この試合の他の記事