2020.10.25

琉球ゴールデンキングスが7連勝、今村佳太とクーリーが連続得点をマークし逆転勝利に貢献

連勝を伸ばした琉球 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月25日、各地でB1リーグ第5節第2戦が行われ、6連勝中の琉球ゴールデンキングス島根スサノオマジックと対戦した。

 第1クォーターはシーソーゲームが続くが、残り5秒に後藤翔平が3ポイントシュートを沈めた島根が1歩抜け出し、終了。第2クォーターでは、放ったシュートがリングに嫌われてしまい、35-42とリードを広げられ、ハーフタイムへ。

 第3クォーター残り4分2秒に、今村佳太がフリースローを獲得し、しっかりと2本沈めると、ジャック・クーリーも続き、残り2分56秒時点で、54-54の同点に追いつく。直後に今村が3ポイントシュートを沈め、57-54と逆転に成功。終盤には、クーリーが連続得点をマークし、63-56で最終クォーターへ。最終クォーターでもクーリーと今村の勢いは落ちず、2人で計14得点を稼ぎ、最終スコア82-75で琉球が連勝を「7」に伸ばした。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 75-82 島根スサノオマジック(@沖縄市体育館)
琉球|20|15|28|19|=82
島根|22|20|14|19|=75