2021.01.23

信州ブレイブウォリアーズが2021年初白星を獲得、富山グラウジーズに18点差の快勝

西山は23得点をマーク [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月23日、ホワイトリンクではB1第17節が開催。2021年初白星を狙う信州ブレイブウォリアーズ富山グラウジーズとの“北アルプスダービー”初戦に臨んだ。

 第1クォーターは、一進一退の攻防が続くも、同クォーター終了間際に大崎裕太が3ポイントシュートを沈め、21-17とリードを奪った。第2クォーターでも互角の展開が続き、37-34で試合を折り返した。

 第3クォーターは激しい点の取り合いが繰り広げられる。それでも信州は、西山達哉がこの10分間だけで13得点の爆発を見せ、攻撃をけん引。71-54で最後の10分間へ。最終クォーターでは奪ったリードを拡大し、最終スコア86-68で信州が連敗を脱出した。

■試合結果

信州ブレイブウォリアーズ 86-68 富山グラウジーズ(@ホワイトリング)

信州|21|16|34|15|=86

富山|17|17|20|14|=68

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO