2018.02.25

3x3アジア杯2018の組み合わせが決定、前回ベスト8の男子代表はヨルダンと同組に

前回大会に出場した落合知也(栃木ブレックス)[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月23日、4月29日から5月1日にかけて中国で開催される「FIBA3x3アジアカップ2018」の組み合わせが発表された。

 男女各12チームが参加する同大会は、まず4グループに分かれての予選を実施。前回大会ベスト8に終わった男子日本代表はプールCに入り、ヨルダンと同組となった。もう1チームは、本戦前に開催される予選ドローを勝ち抜いた6カ国(スリランカ、韓国、マレーシア、ウズベキスタン、ベトネム、タイ)の中から決定する。その他、前回王者のモンゴルがカタール、チャイニーズ・タイペイとともにプールAとなった。

 女子日本代表は、イランと同組のプールDに決定。しかし、前回覇者のオーストラリアが予選ドローからの参戦となり、本戦に進めば日本と同じ組に入る。また、前回大会2位のマレーシア、同3位の中国がプールAに入った。

■FIBA3x3アジアカップ2018
【男子】
・プールA
モンゴル、カタール、チャイニーズ・タイペイ
・プールB
中国、キルギス、トルクメニスタン
・プールC
日本、ヨルダン、予選ドローの勝者(スリランカ、韓国、マレーシア、ウズベキスタン、ベトネム、タイ)
・プールD
カザフスタン、ニュージーランド、予選ドローの勝者(インドネシア、オーストラリア、イラン、サモア、グアム、香港)

【女子】
・プールA
中国、マレーシア、ニュージーランド
・プールB
ヨルダン、インドネシア、チャイニーズ・タイペイ
・プールC
カザフスタン、トルクメニスタン、予選ドローの勝者(モンゴル、ウズベキスタン、ベトナム、香港)
・プールD
日本、イラン
カザフスタン、ニュージーランド、予選ドローの勝者(スリランカ、オーストラリア、タイ、サモア)