2019.05.26

3x3女子日本代表、アジア杯の決勝進出ならず…カザフに3点差惜敗

セミファイナルでカザフスタンに敗れた3x3女子日本代表 [写真]=FIBA
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月26日、「FIBA 3x3 アジアカップ2019」のセミファイナルが行われ、女子日本代表がカザフスタン代表と対戦した。

 伊集南(デンソーアイリス)、篠崎澪(富士通 レッドウェーブ)、西岡里紗(三菱電機 コアラーズ)、宮下希保(アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)の4人で大会に挑む女子。予選でフィリピン代表、スリランカ代表、クォーターファイナルでニュージーランドを下した。

 試合序盤はシュートがなかなか決まらなかったものの、伊集が2ポイントとフリースロー、西岡がジャンプショットを成功。それでも、相手の高さに苦しむ展開が続くと、残り約4分で6-13と7点のビハインドを背負った。

 伊集と篠崎の連続得点で追いあげ、残り1分32秒の時点で12-16と4点差。しかし、最後までリードを奪えず、最終スコア14-17で敗戦を喫した。

 なお、日本は同日20時5分から行われる3位決定戦に進む。