2017.01.10

オールジャパン男子ベスト5が発表、初優勝の千葉から富樫ら最多3名が選出

ベスト5に選出された富樫、ストーン、小野、ファジーカス、田中(左2人目から) [写真]=大澤智子
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月9日、第92回天皇杯・第83回皇后杯(オールジャパン2017)の男子決勝が国立代々木競技場第一体育館で行われ、千葉ジェッツが川崎ブレイブサンダースを88-66で下し、初優勝を飾った。

 表彰式では大会ベスト5を発表。初優勝を果たした千葉からは富樫勇樹をはじめ、タイラー・ストーン、キャプテンの小野龍猛の3選手が初選出され、準優勝の川崎からはニック・ファジーカス、ベスト4のアルバルク東京からは田中大貴が選ばれた。

 ストーンは今大会最多の1試合平均23.25点を記録し、ファジーカスが同21点、富樫が同16.5点で続く。また、ストーンは1試合平均10.25リバウンド、富樫は1試合平均4.5アシストを挙げ、個人ランキングのトップに入った。

■第92回天皇杯(オールジャパン2017)ベスト5
富樫勇樹(千葉ジェッツ/初)
タイラー・ストーン(千葉ジェッツ/初)
小野龍猛(千葉ジェッツ/初)
ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース/3年ぶり2回目)
田中大貴(アルバルク東京/2年連続2回目)