2018.01.05

後半に立て直したトヨタ自動車アンテロープス、“宿敵”JX-ENEOSサンフラワーズが待つ準決勝へ進出

トヨタ自動車の司令塔を担う大神[写真]=山口剛生
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月5日、「第93回天皇杯・第84回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」のファイナルラウンド女子準々決勝がさいたまスーパーアリーナで行われ、トヨタ自動車アンテロープスがアイシン・エィ・ダブリュ ウィングスと対戦した。

 試合は序盤から点を取り合う中、トヨタ自動車はポイントガードの大神雄子がゲームを組み立て、馬瓜エブリンや水島沙紀が得点を狙う。細かくパスをつなぎながらノーマークを作りだすアイシンに、立て続けに3ポイントシュートを打たれる。しかし、相手の3ポイントは、最初の10分間で12本中4本成功。ファウルがかさむ相手に対し、水島、馬伊娜がフリースローで得点を重ね、17−18で第1クォーターを終えた。

 第2クォーターは日本代表の長岡萌映子が奮起。22−22で迎えた開始4分49秒に3ポイントでこの日最初の得点を記録すると、直後に182キロ75キロの体格を活かしてインサイドから得点を積みあげた。終盤に3連続失点を喫したものの、32−30と2点リードでハーフタイムに突入した。

前半の競った場面で計7得点を記録した水島[写真]=山口剛生

 第3クォーターは、ここまで無得点にとどまっていた三好南穂の独擅場。ノーマークでボールを受けてシュートを放ち、2本の3ポイントを含む13得点をマーク。徐々に点差を突き放すと、大神が試合後に「ディフェンスから入れた」と振り返ったように、この10分間をわずか5失点に抑えこむ。

 56−35で迎えた最終クォーターは、負傷明けの栗原三佳が3ポイントを沈めるなどチーム全体で19得点を記録。前半は、ドナルド・ベックヘッドコーチ、長岡、大神らが「(リーグ戦から約3週間空いたことで)試合勘がなかった」と、口をそろえたとおりの厳しい展開となったが、後半にしっかり立て直して75−46の29点差で勝利を収めた。

 6日の準決勝で顔を合わせるのは、今季のWリーグレギュラーシーズンで1勝1敗と星を分け合っている“女王”JX-ENEOSサンフラワーズ。古巣との一戦に挑む大神は「ディフェンスとリバウンド」をキーポイントとして挙げ、長岡は「今日の戦い方を忘れず、気を引き締めて臨みたい」と意欲を示した。