2019.01.13

皇后杯ベスト5、渡嘉敷来夢が9年連続9回目の受賞…馬瓜エブリンと町田瑠唯は初選出

ベスト5に選出された渡嘉敷、宮澤、馬瓜、長岡、町田(左から) [写真]=山口剛生
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月13日、「第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」の女子ベスト5が発表された。

 6連覇を成し遂げたJX-ENEOSサンフラワーズから渡嘉敷来夢が9年連続9回目、宮澤夕貴が3年連続3回目の受賞。決勝で19得点を挙げ、“女王”に一矢報いたトヨタ自動車 アンテロープスの馬瓜エブリンが初めて大会ベスト5に選ばれた。

 その他、長岡萌映子(トヨタ自動車)が2年ぶり4回目の受賞。町田瑠唯(富士通 レッドウェーブ)は初のベスト5入りを果たした。

■女子ベスト5
渡嘉敷来夢(JX-ENEOSサンフラワーズ/9年連続9回目)
宮澤夕貴(JX-ENEOSサンフラワーズ/3年連続3回目)
馬瓜エブリン(トヨタ自動車 アンテロープス/初受賞)
長岡萌映子(トヨタ自動車 アンテロープス/2年ぶり4回目)
町田瑠唯(富士通 レッドウェーブ/初受賞)

天皇杯皇后杯2019のバックナンバー