2018.08.03

琉球ゴールデンキングス、昨季クラブを地区優勝へ導いた佐々宜央HCが続投決定

昨季、琉球を西地区1位に導いた佐々氏 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 琉球ゴールデンキングスは8月2日、今シーズンのスタッフ体制を発表。昨季からヘッドコーチを務める佐々宜央氏の続投が決まった。

 現在34歳の佐々HCは、東海大学在学中の2005年から指導者のキャリアをスタートさせた。同大学卒業後は日立サンロッカーズ(現サンロッカーズ渋谷)、栃木ブレックスでアシスタントコーチに就任し、日本代表の専属ACも務めた経歴を持つ。2017-18シーズンから琉球の指揮官を任されると、レギュラーシーズンで42勝18敗の成績を収め、チームを西地区優勝に導いた。

 なお、琉球は2日時点で石崎巧金城茂之須田侑太郎岸本隆一田代直希アイラ・ブラウン古川孝敏の契約継続、新加入としてジョシュ・スコット寒竹隼人橋本竜馬並里成、ドゥワン・サマーズの獲得を発表している。