2018.08.22

【レバンガへの道】関野剛平 大学4年のインカレ エース欠場をチームワークでカバー

北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 立ち見がでるほど満員の会場でやった初めての試合がインカレでした。どっちのチームに対してもなんですけど、今のレバンガの試合みたいな感じで一つ一つのプレーに毎回盛り上がって、すごい印象に残っています。
 東海大1年から4年まですべて決勝戦に行って、1位、2位、2位、2位でした。僕たちの代はあんまり有名な選手はいなかったし、弱い弱いと言われた割には負けなくてチームワークがめちゃくちゃ良かった。エースは伊藤達哉京都ハンナリーズ)だったんですけど、練習中に骨折して試合に出れなくなっちゃったんです。2回戦に大東文化大と当たって、次は青山学院大、白鷗大、筑波大ってマジ激戦区。でも「達哉抜けた分も頑張ろう」って感じで、それでたぶん決勝まで行けたんじゃないかと。決勝で負けて達哉の顔を見たときに、「ごめん」って悔しさがあふれ出てきました。
 企業チームじゃなくてプロがいいと思ってレバンガに入団しました。僕が今こうやってのびのびプレーできているのは、先輩のおかげです。一番年上の折茂さん含め周りも優しいですし、がちがちの怖い先輩たちだったら、まだ僕慣れてないと思います(笑)。最近守りに入っているというか思い切りが欠けているような気がするので、ミスはつきものなので、思いっ切りやりたいと思っています。

文=須藤幸恵(北海道新聞)
写真=金田淳(北海道新聞) 
2017-18シーズン応援リーフレット「LET’S GO!! LEVANGA」より

レバンガへの道のバックナンバー