2018.08.22

【レバンガへの道】多嶋朝飛 高3のインターハイで優勝、将来への不安吹き飛び強豪校へ

北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 バスケの強豪北陸高に進学したものの結果が出せなくて、苦しい時期を過ごしていた中で初めて全国大会で長いプレータイムをもらった2年のウィンターカップから、その勢いでスタメンを勝ち取り優勝した3年のインターハイ。この時期がなかったら今の僕はどうなっていたか分からないというくらい大事な時です。
 高校には県外から選手が集まっていて、部員は50人もいました。1年の時は練習の前、中、後といろんな仕事が振られて自分の時間もない。2年の新チームになってからはスタートで使ってもらえたのに全然うまくいかなくて、試合にはほとんど出ていない状態。自分の中ではこういう時にはこうしようとか思い浮かべているのに、コーチの信頼を得るには足りなかった。
 そしてウィンターカップ。篠山竜青選手(川崎ブレイブサンダース)は2年のスタート時からメインプレーヤーだったし、竜青と一緒に出るためには自分はどういうプレーをしなきゃいけないかっていうのをすごく考えた。ミスもあったけど、思い切って攻めなきゃいけないとプレーしていく中で、できることが増えていった。その中でやっとつかんだチャンス。続けてきたことがちょっとずつ実になった瞬間だったと思います。
 3年の新チームからスタートを勝ち取れるようになって、今から考えても勢いが止まらなかった。迷いもなくなって自信もついたし、自覚も出てきた。インターハイはたぶん1回戦から全試合、僕が点数でトップだったんです。チームとしてはやっぱり竜青のチームで注目されていたけど、竜青はあまり調子が良くなかった。その分自分がやらなきゃというところもあったし、ある程度活躍できるという思いもあったので、あまり考えずに思いっきりプレーをしてました。
 自分はどうやってバスケを続けていったらいいのか、この先どうなるんだろうという不安の中で、優勝という結果が出た。プロなんて全然考えていなかったけど、強い大学に行きたいという思いが出てきて、東海大学でプレーをしました。
 全部、この2つがスタートとなってつながってきたと思っています。

文=須藤幸恵(北海道新聞)
写真=金田淳(北海道新聞) 
2017-18シーズン応援リーフレット「LET’S GO!! LEVANGA」より

レバンガへの道のバックナンバー