2018.08.22

【レバンガへの道】川邊亮平 大学でキャプテンに指名、同期の結束強くインカレ最高成績

北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 小学と大学でキャプテン、中学、高校と副キャプテンでした。小学校の時は、キャプテンは嫌われ役だと聞いていたので、「自分が絶対言わなきゃいけない」みたいな感じでした。
 中学は、先輩たちが県大会で優勝して僕たちの代に3連覇がかかってたのに負けちゃったし、高校はインターハイで1回戦負けだったのであんまりいい思い出はないですね。
 大学でキャプテンに指名された時は、正直びっくりしました。「絶対こいつだな」という人がいたので。監督にどうして僕か聞いたら「だらしないからだ」っていわれました(笑)。
 自分は何をしたらいいのかいろいろ考えたんですけど、試合中に大声を出しても声が響かないから消されちゃうし、プレーでひっぱろうかと思ってもなかなかうまくいかなくて。みんなの前で話すことも苦手だったし。でも、同期のみんなが「俺たちの代でしっかりまとめよう」とサポートしてくれました。インカレで最高成績を収められたというのは、本当にうれしかったですね。
 今は一番年下なので、のびのびプレーができていると思います。ポジションが変わったりしたけどいい経験になっているし、自分も成長できる余地があるなと痛感しました。もっと思いきりよく、みなさんの記憶に残るプレーをしてみたいです。

文=須藤幸恵(北海道新聞)
写真=小松巧(北海道新聞)
2017-18シーズン応援リーフレット「LET’S GO!! LEVANGA」より

レバンガへの道のバックナンバー