2019.03.06

生まれ故郷でのW杯出場を誓う張本天傑「ラマスHCからの課題をクリアする」

アウトサイドシュートにも磨きがかかった張本[写真]=鳴神富一
1981年、北海道生まれ。「BOOST the GAME」というWEBメディアを運営しながら、スポーツジャーナリストとしてBリーグを中心に各メディアに執筆や解説を行いながら活動中。「日本のバスケの声をリアルに伝える」がモットー。

 生まれ故郷の中国で開催される「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」への出場を手にして凱旋帰国した、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ張本天傑。インサイドでの外国人との戦いだけではなく、今シーズンはアウトサイドシュートに関しても非常にレベルアップしており、オールラウンダーな働きを見せている。実はチームを率いる梶山信吾ヘッドコーチも彼の代表での活躍を願う部分で3番ポジションでのプレーを役割を期待を持って課していた。「テンには代表合宿でかなりチームを抜けていた中で、チームでは彼には3番と4番のポジションの両方をプレーさせていました。それは代表のためにもという思いでいました」と3月3日の新潟アルビレックスBB戦後の記者会見で彼について語ってくれた。この試合でも張本は、3ポイントシュート4本を含む18得点の活躍を見せた。

 ワールドカップ出場が決定した後のリーグ戦、張本自身大きな成長を感じながら新潟との戦いに臨んだ。「昨日のゲームでは自分自身の中で色々と整理ができていなくていいパフォーマンスができませんでした。チームに帰ってきてまだ1、2回しか練習できていない上にコンディション的にもあまり良くなくて。その中で昨日、非常に悔しい思いをしました。今日は出場したらやってやるという気持ちで試合に臨みました。負けてしまったんですけど、こうやって毎日成長していくことが大事なので。こうやってたくさんのファン・ブースターの前でプレーできたというのは嬉しいです。代表ではベンチから急に試合に出るときに自分が何をするべきかという部分を考えてずっとプレーしてきたので、そこの見極めが自分としては成長できた部分かなと思います。チームでも途中出場することが多いので、そこでしっかりと試合の流れを読む力を身につけてチームの流れを変えられるような選手になりたいですし、ならないといけないです」。

今シーズンはオールラウンダーな働きを見せている[写真]=鳴神富一

 そんな彼であるが、日本に帰ってきてから時差ボケがひどく大変だったとのこと。「日本に帰ってきてしばらく結構ひどい時差ボケが続いてしまって。僕も2日間休みをもらえて、木曜日からチーム練習に復帰しました。今はもう時差ボケは無いですど、帰ってきてからも会見とかがあって、家に帰ってきたのも遅かったので結構疲れていました」。

 シーズンも過酷で疲れがある中での連戦が続いていることに関しては、「自分はほとんど休みがなくて、その中で正直チームメートが羨ましいです(笑)。正直言うと誰でも休みが欲しいと思うんですけど、こうやって海外に行って試合ができるのは誰でもできる経験ではないので。本当に個人としてはこの経験を誇りに思うし、選ばれた以上は一生懸命にプレーするという思いですね」と日の丸をつける誇りを感じ、充実している表情を見せてくれた。

 名古屋Dとしては現在チャンピオンシップ争いや激しい順位争いを西地区で繰り広げている中、終盤戦への意気込みを聞いてみた。「この2連敗は非常に大きくて……もうシーズンも残り1カ月少ししかない中で、まずは西地区の2位を死守するために来週からはもう負けられないです。ゲームの流れが悪いときにどれだけチームを助けられるかという部分を個人として探っているところなので、その部分で何とかチームの力になれるようにがんばっていきたいなと思います」。

 シーズンが終われば前段でも述べたワールドカップがある。張本は日本代表のフリオ・ラマスヘッドコーチからある課題を課せられたという。「ラマスHCからはもっともっと体を絞って、(八村)塁みたいなプレーができるようにしてこいと言われたので。それは自分の課題の1つとして、しっかりと体を絞って外国人選手と空中戦がしっかりとできるようなプレーをしていきたいですし、そうなれるように練習していきたいです。その課題をクリアして次の代表合宿からしっかりと変わった自分を見せつけられるようにがんばっていきたいなと思います」。

 彼が再び課された課題、それをクリアした時にパワーアップした選手へとさらに成長してチームに代表にと大車輪の活躍を見せてゲームの流れを変えてくれるだろう。

写真・文=鳴神富一