2019.04.19

ホームの栃木ブレックス、終盤に抜けだし秋田ノーザンハピネッツに競り勝つ

計19得点の活躍を見せた鵤誠司[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月19日、ブレックスアリーナ宇都宮でB1リーグ最終節第1戦が行われ、ホームの栃木ブレックス秋田ノーザンハピネッツを迎え撃った。

 第1クォーターは秋田のペース。栃木は6つのターンオーバーを犯し、10-16で最初の10分間を終えた。次の10分間は竹内公輔ライアン・ロシターが攻撃をけん引。計19点を挙げたが、2点ビハインドでハーフタイムへ。

 第3クォーターは、開始2分4秒に鵤誠司の3ポイントで逆転に成功。その後は互いに譲らず、54-53で勝負の10分間へ突入した。1点リードで迎えた試合終了残り3分50秒、ロシターのレイアップを皮切りに比江島慎、竹内、鵤誠司が続いて2ケタ点リードを奪った栃木。そのまま逃げきり、最終節スコア80-72で競り勝った。

【試合結果】
栃木ブレックス 80-72 秋田ノーザンハピネッツ(@ブレックスアリーナ宇都宮)
栃木|10|19|25|26|=80
秋田|16|15|22|19|=72

この試合の他の記事