2019.05.14

バチェラー小柳津林太郎が分析! 栃木の渡邉裕規は男が惚れる体育会系モテ男

バチュラー小柳津林太郎さんが栃木ブレックスの渡邉裕規選手を訪問 [写真]=伊藤大允
バスケットボールキング編集部。取材歴は20年を数え、これまで主に中学、高校、女子日本代表をカバーしてきた。また、どういうわけかあまり人が行かない土地での取材も多く、今年も氷点下10度を下回るモンゴルを経験。Twitterのアカウントは @m_irie3

Bリーグのバレンタイン企画、『モテ男№1決定戦~愛され男子』は栃木ブレックス渡邉裕規選手が1位に輝いた。過去2シーズンは2位の座に甘んじた渡邉選手だったが、3度目の正直、石の上にも3年、ついにトップの座をつかんだと言えるだろう。今回、モテ男No.1決定戦のアドバイザーの「バチェラー・ジャパン」の2代目バチェラー、小柳津林太郎さんが栃木ブレックスのホームコート、ブレックスアリーナに渡邉選手を訪問。渡邉選手がなぜモテるのか? 小柳津さんが分析する。

取材・文=入江美紀雄
写真=伊藤 大允

「2月になるとなぜかそわそわしていました」(渡邉)

今シーズンのモテ男№1の渡邉選手が「どうしたらモテるようになりますか?」と小柳津さんに質問 [写真]=伊藤 大允

――プロとしてモテ男というのも1つのアピールポイントだと思うのですが。
渡邉
 この企画はBリーグの誕生とともに始まったのですが、芸能事務所のオーディションへ勝手に履歴書を送る親のような感じで、僕からは出たいなんて一言も言ってないんですよ。僕はSNSもしていないので、友達経由で「今2位だよ」「何票差だよ」って言われるのですけど。毎年2月くらいになると、それでもそわそわするんです。どこかで誰かが動いているんじゃないかって(笑)。ただ投票していただけるというのは気にしていただいているわけなので、それはすごくうれしいです!
小柳津 チームで盛り上がったりするのですか?
渡邉 今年は1から3位まで独占だったのですが、3位になったにライアン(ロシター)はちょっとふてくされてましたね。「俺に入れなかった人はきっと後悔する」って言ってて(笑)。他のチームはわかりませんが、そんな風に盛り上がりました。

――小柳津さんは初めてのブレックスアリーナと聞きました。
小柳津
 初めてです。実は2月にレイカーズの試合を見に行ってきたのですが、レイカーズのホームアリーナのステイプルズセンターに負けないくらいの熱気にびっくりしました。そしてもっとびっくりしたのが皆さんバスケを本当によくご存じだなということ。シュートが決まった時はもちろんですが、ルーズボールを頭から取りに行った時はもっと盛り上がります。さらに一体感もあって。それとこれはアメリカではまずないと思うのですが、相手チームのファンにエールを送るんですよね。素晴らしいなと思いました。次も来たいと思います。
渡邉 ありがとうございます。

――渡邉選手のプレーはどうでしたか?
小柳津
 プレーはカッコいいと思いました。見てて思ったのがマッチアップしている選手にちょいちょいかわいいちょっかいを出してますよね(笑)。それもまたいいと思いました。モテ男というテーマですが、男性が見てもカッコがいい。でも本当にモテる男性は同性からも好かれます。「だからこそ異性にモテるんだろうなあ」と、勝手に妄想していました。
渡邉 バスケットをやっている時って人が変わるんですよね。人によっては嫌な感じに見えるかもしれませんが、大前提として物凄く勝ちたいので。普段、このように話をしている時と変わってしまうので。
小柳津 ゾーンに入ってしまうとあのようになるんだなって思って見ていました。

――小柳津さんから見てスポーツ選手、特にバスケットボール選手はこういうところがモテるのではと思うのはどのあたりですか?
小柳津
 得点を決めるところは当たり前なのですけど、ちゃんとディフェンスをしている選手やいぶし銀のところでハッスルしている、アウト・オブ・バウンズのボールに身を投げ出して取りにいくシーンが個人的にはカッコいいと思います。後、ベンチにいながらもメッチャ盛り上げていて、コート上の選手にエールを飛ばしている選手はカッコいいと思います。
渡邉 とてもバスケを見てこられた方の目線ですよね。シュートが入るというようなパフォーマンスや単に勝ち負けのところでもなく。本当にバスケを見てこられてきたんだなと想像できます。

――女性もそういう面にひかれるわけですか?
小柳津
 キュンと来ると思いますよ。ハッスルする姿は性別に関わらず一番カッコいいと思えるポイントです。
渡邉 そういうところは自分としてはわからないですね。例えば「こうやったらもてるだろう」ってプレーがあればいいのですが、全くないのでどうすればモテるのでしょうか?
小柳津 いやあ、意識してやるものではないと思いますよ(笑)。
渡邉 それができたらめちゃくちゃ便利だと思うんですけどね(笑)。

――渡邉選手は男子校(世田谷学園高校)出身ですよね?
渡邉
 男子校です。だからあまり異性を意識したことがなかったし、女性にモテるようにプレーもしたことないです。球技大会だって男だけですし。ガチガチなバレーボール大会ですよ。大学の時も忙しかったし、あまり意識したことはないですね。「女性がいるからバスケを頑張る」と考えたことはないです。かえってそれが良かったのかもしれないですね。

――プロ選手としてモテるモテないの話の前に身だしなみなどを整えておくのは最低限のマナーですよね。
渡邉
 サッカーの三浦知良さんの逸話を聞いたことがありますが、コンビニにもスーツを着て行かれたとか。でも僕なんか普段はジャージですからね。試合は別ですけどね。本当に何かがある時ではないと私服にならないですよ。ジャージが一番楽です。
小柳津 渡邉選手の髪型はカッコいいなって思ってプレーを見ていました。マネしたいなって。
渡邉 僕の髪の毛を切ってくれる美容師さんが小柳津さんのファンなので、今の言葉はきっとうれしいと思います(笑)。

「同性に好かれる人はやっぱり異性にモテる」(小柳津)

小柳津さんは渡邉選手のハッスルプレーに注目した [写真]=伊藤 大允

――恋愛をする時間はあるのですか?
渡邉
 メチャクチャしたいですけどね。
小柳津 普通に考えればすごくモテそうですよ。
渡邉 何がいけないんですかね!? 聞きたいくらいです。
小柳津 出会いの機会がないのですか?
渡邉 それもあると思うのですが、他のアスリートの方などはどうやって出会っているのかなって思います。

小柳津 アスリートの中には高校から付き合っている人と結婚するケースもありますが。

渡邉 そんなの絶対にないですよ。

小柳津 マネージャーと結婚したり。しかも他のチームのマネージャーというケースもありますよね。
渡邉 メッチャいいですね、それ(笑)。

――逆にプロになると周囲が気になることも多くはなりますよね。
渡邉
 今はBリーグになって盛り上がってきましたが、以前はご飯食べていても声をかけられることもなかったし、バスケットボールと言ってもピンと来ない方のほうが多かったと思います。僕が大学を卒業した時なんかあまり認知度もなかったですよ。だから今は幸せですよ。
小柳津 やっとバスケットボールが陽の目を見る時が来たって感じですね。僕はスポーツビジネスに携わってきましたし、NBAやMLBのゲームの開発もしていました。日本のスポーツビジネスの発展にいくらか貢献したいと思ってやってきましたが、Bリーグの発展はすごくうれしいです。
渡邉 Bリーグがこれからも発展していくには、初めてブレックスアリーナに来られた小柳津さんが感じられたように、「面白いな」って思っていただくのが一番です。また、栃木ブレックスでホームのある宇都宮も盛り上がっていますが、アウェーでも栃木のファンが来てくださるので、とてもありがたいなと思います。感謝しています。
小柳津 今シーズンも終盤になってしまいましたけど、観戦できて良かったと思います。

――改めてモテるということとはどういうことなのでしょうか?
小柳津
 渡邉選手とお話をしていて思ったのは、自分のダメなところとか弱い部分を見せられる人は同性に共感を持たれるし、異性にもモテるのではないかと。
渡邉 ちゃんと、その辺教えてください(笑)。僕は1位になりましたけど、スキルも何も持っていないですよ。
小柳津 (笑)。モテるためのスキルってないと思いますよ。やはり同性に評価されることが重要で、後輩に好かれることも大事です。面倒見がいい先輩っていますよね!? そういう人ってモテませんか?
渡邉 なるほど~。後輩は大事にしよっと(笑)。
小柳津 渡邉選手はベテランの域に達していますが、先輩や同期は減っていきますけど、反対に後輩はどんどん増えているはずです。
渡邉 そうだ! 同年代は結婚もしているので、一緒にご飯食べに行くのは後輩ばかりですね。それがメッチャ楽しいし。わかりました!

小柳津さんのバスケを見る目の高さに渡邉選手もビックリ [写真]=伊藤 大允