2019.11.26

Bリーグが決算概要を発表、今年度におけるB1選手の報酬は平均1610万円になる見込み

昨年度の営業収入はリーグ発足前の2.7倍となる221億円となった[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 Bリーグは11月25日、2018-19シーズン(2018年度)の決算概要を発表した。

 Bリーグにおける決算発表は「情報を積極的に開示しスポーツ界全体の発展に役立てる」「クラブの透明性を高めステークホルダーからの信頼を向上させる」「他クラブの状況を把握しクラブ経営の改善に利用する」の主に3つが目的。昨年度の営業収入は221億円(B1:166億円/B1平均:9.2億円/B2:54億円/B2平均:3.0億円)で、リーグ発足前に比べ2.7倍に増加した。そのうち、12億円を超えたクラブはトップの千葉ジェッツ(約17.6億円)から順に、シーホース三河(約16.2億)、アルバルク東京(約13.7億)、宇都宮ブレックス(約13.7億)、大阪エヴェッサ(約13.6億)の5クラブ。B2のトップは広島ドラゴンフライズ(約4.8億円)となった。

 また、バスケ業界全体(BリーグとJBAの合計)の営業収入は、2020-21シーズン終了時で営業収入300億円という目標に対し、2シーズン前倒しで308億円を達成。2019-20シーズン(今年度)の営業収入は258億円(B1:193億円/B2:65億円)、B1所属選手の基本報酬平均は開幕時から約2倍の1610万円(昨対比プラス22.9パーセント)を見込んでいる。

 なお、Bリーグはリリースをとおして「3月決算など決算期間とシーズンが同じでないクラブがある(A東京・サンロッカーズ渋谷川崎ブレイブサンダース新潟アルビレックスBB三遠ネオフェニックス・三河・名古屋ダイヤモンドドルフィンズ・大阪・山形ワイヴァンズFイーグルス名古屋)」「川崎はクラブ運営を2018年7月に現会社へ承継しており、数値には承継前3カ月間のクラブ運営にかかる収入・一部費用等が含まれていない」と併せて発表している。