2019.12.08

大阪エヴェッサ、橋本拓哉とブラウンが攻撃を引っ張り京都ハンナリーズに連勝

今季最多となる21得点を挙げた橋本[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月8日、ハンナリーズアリーナにてB1リーグ第10節第2戦が行われ、大阪エヴェッサ京都ハンナリーズと対戦した。

 第1戦に勝利した大阪。前半から橋本拓哉アイラ・ブラウンがオフェンスを引っ張り、38-29でハーフタイムへ。

 第3クォーターもブラウン、ジョシュ・ハレルソンの活躍で相手を上回る計26得点を記録した。第4クォーターは序盤からコンスタントに得点を重ね、試合終了残り2分44秒で82-65と突き放す。最後は追いあげられたが、86-80で逃げきった。

 大阪はブラウンが計22得点11リバウンド、橋本が今季最多となる21得点を挙げてチームを勝利へ導いた。

■試合結果
京都ハンナリーズ 80-86 大阪エヴェッサ(@ハンナリーズアリーナ)
京都|14|15|23|28|=80
大阪|16|22|26|22|=86