2019.12.08

延長までもつれこんだ接戦は千葉ジェッツに軍配、富山グラウジーズはあと1点届かず連敗

決勝点をマークした富樫[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月8日、各地でB1リーグ第10節が各地で行われ、富山市総合体育館では千葉ジェッツ富山グラウジーズと対戦した。

 第1クォーターは10-6とロースコアで終了。第2クォーターは計21失点を喫し、3点ビハインドで前半を終えた。

 第3クォーターに入ると、ギャビン・エドワーズが11得点を挙げて同点に追いつく。第4クォーターも終始接戦となるも、1点ビハインドの残り4秒で2本のフリースローを獲得。しかし、これをエドワーズが1本しか決められず、試合は延長戦へ突入した。

 それでも、5分間のオーバータイムでは先手を取ると、試合終了残り11秒に富樫勇樹が決勝点となるジャンプショットをマーク。最終スコア73-72で勝利し、敵地での今節を連勝で終えた。

■試合結果
富山グラウジーズ 72-73 千葉ジェッツ(@富山市総合体育館)
富山|6|21|16|21|8|=72
千葉|10|14|19|21|9|=73