2019.12.15

富山グラウジーズ、島根スサノオマジックとの接戦制す…残り22秒にペッパーズが逆転弾

決勝点を挙げたジョシュ・ペッパーズ[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月14日、各地でB1リーグ第12節第1戦が行われ、島根県立体育館では富山グラウジーズ島根スサノオマジックと対戦した。

 17-17で迎えた第2クォーター、富山はレオ・ライオンズが8得点、宇都直輝が7得点をマークして計23得点。40-34でハーフタイムを迎えた。

 第3クォーターはドゥワン・サマーズに10得点を許すも、相手を上回る23得点で主導権を渡さず。しかし、第4クォーターは反撃に遭い、開始2分25秒で逆転されてしまう。試合終了残り1分3秒時点で74-75となったが、同22秒にジョシュ・ペッパーズの得点でリードを奪い返し、最終スコア78-75で接戦を制した。

■試合結果
島根スサノオマジック 75-78 富山グラウジーズ(@島根県立体育館)
島根|17|17|21|20|=75
富山|17|23|23|15|=78

この試合の他の記事