2020.02.06

レバンガ北海道の松島良豪が引退会見「悔いはない」 仲間とファンに「ありがとう」

会見で今後の目標などを力強く語る松島良豪[写真]=松本奈央(道新スポーツ)
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 今季限りの引退を表明したレバンガ北海道のポイントガード松島良豪(28)が2月5日、札幌市内で会見し、「悔いはない。このチームで引退したいという思いがあった」と語った。バスケットボール指導者の父良和さんへの憧れからシーズン終了後に指導者を目指して大学院に進む。進学先は明かしていない。

会見で語る松島良豪[写真]=西野正史(北海道新聞)

 球団には昨年5月の契約更改で大学院進学の意思を伝えた。大学院の試験日は北海きたえーるでBリーグオールスター戦があった今年1月18日で、月末に合格の報を受けた。自身の持ち味であるアシストをテーマに、パスが試合に及ぼす影響を研究する予定だ。

 卒業した国士舘大で教員免許を取得しており、将来は中学、高校、大学のいずれかでの指導も視野に入れる。「僕よりうまいのに、さまざまな理由で辞めてしまう選手を見てきた。辞めさせずに育ててあげる役割を果たしたい」と語った。

松島良豪[写真]=西野正史(北海道新聞)

 師と仰ぐ折茂も今季限りの引退を表明している。「引退を決めたのは僕が先。まねしてきたなと思った」と冗談めかしながらも、「兄のように優しくしてくれて、僕のバスケットボール観を変えてくれた」と感謝を口にした。

文・石川仁美(北海道新聞)

■関連記事
レバンガ北海道松島良豪、今季限りでの引退を発表「大学院進学を目指し、指導者の道を歩む」
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20200204/214577.html