2020.02.14

レバンガ北海道は守備の改善が必須…多嶋朝飛、橋本竜馬の2人がかりで齋藤拓実を封じたい

国内外のバスケ情報をお届け!

レバンガ北海道vs滋賀レイクスターズ(@北海きたえーる)
第1戦:2月15日15時5分 第2戦:2月16日15時5分

 松島良豪が今季限りでの引退を発表後、初のリーグ戦を戦ったレバンガ北海道シーホース三河を北海きたえーるに迎えた2連戦は、乱打戦の末に1勝1敗という結果に終わった。

 2月8日の第1戦は後半だけで59得点を奪って12点差の勝利。古巣との対戦となったケネディ・ミークスが第3、第4クォーターで各11得点4リバウンドをマーク。試合を通して25得点を挙げたマーキース・カミングス、13得点のファイ パプ月瑠を中心にインサイドを制圧した。また、ファストブレイクポイントで21−8と差をつけたことも勝因に挙げられる。

 5808名の大観衆が訪れた第2戦も、両外国籍選手が攻撃をけん引。ミークスが34得点14リバウンド、カミングスが24得点と気を吐き、中野司もキャリア最多タイとなる18得点を記録した。しかし、この日は相手の的を絞らせない攻撃を止められず、前半で51失点を喫すると、後半も守備を改善できずに最終スコア92−100。中でも、フル出場した桜木ジェイアールに計25得点を献上したことが誤算だった。

 今節も本拠地で戦える北海道。残留プレーオフ回避のためにもホーム4連戦を勝ち越して終わりたいところだが、今回は前回対戦で2敗している滋賀レイクスターズが相手だ。

 その滋賀は現在3連勝中。前節の三遠ネオフェニックスとの試合は齋藤拓実がキャリアハイの30得点、全体で24本のフリースローを沈めて第1戦をものにすると、第2戦は第2クォーターを7失点にとどめて16点差で快勝した。

 第16節の滋賀vs北海道は、第1戦は65−64、続く第2戦では8点差と競り合いに。北海道はまず、三河戦の大量失点を最優先で修正しなければならない。滋賀にもジェフ・エアーズという強力なインサイドプレーヤーがいるだけに、外国籍選手も一層守備の意識を高めたい。そして、絶好調の齋藤には、多嶋朝飛橋本竜馬が40分間強固なディフェンスを貫いて仕事をさせないことが重要だ。

■ロースター
・北海道(ヘッドコーチ:内海知秀)
橋本竜馬
ケネディ・ミークス
マーキース・カミングス
ファイ・パプ月瑠
中野司
多嶋朝飛
折茂武彦
市岡ショーン
桜井良太
杉本天昇※特別指定
マーク・トラソリーニ
内田旦人
川邉亮平
松島良豪

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
齋藤拓実
狩俣昌也
シェーファーアヴィ幸樹
佐藤卓磨
ヘンリー・ウォーカー
中村功平
谷口光貴
ジェフ・エアーズ
高橋耕陽
荒尾岳
狩野祐介
クレイグ・ブラッキンズ
伊藤大司
前田怜緒※特別指定

この試合の他の記事