2020.02.16

ジョシュ・ダンカンが26得点20リバウンド、千葉ジェッツがホームで大阪エヴェッサを下す

千葉をけん引したダンカン[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月15日、各地でB1リーグ第23節第1戦が行われ、 船橋アリーナでは千葉ジェッツ大阪エヴェッサと対戦した。

 千葉は序盤から攻勢を仕掛け、ジョシュ・ダンカンが前半だけで17得点を奪うなど躍動。48-25と23点のリードで試合を折り返す。

 しかし、後半は一転して大阪に試合のペースを握られてしまう。第3クォーターでは一時11点差まで詰められるも、粘り強く加点していき、63-48で第4クォーターへ。最後の10分間は逆転を狙って攻勢を仕掛ける大阪に対し、一歩も引かずに対抗して点の取り合いとなる。千葉はマイケル・パーカーを中心にスコアを伸ばし、最終スコア86-73で試合は終了。ダンカンが26得点20リバウンドを記録したほか、富樫やパーカーも2ケタ得点を記録した千葉が勝利を手にした。
 
 敗戦した大阪は、同日行われたリーグ戦で琉球ゴールデンキングスが勝利したため、西地区首位の座から陥落することとなった。

■試合結果
千葉ジェッツ 86-73 大阪エヴェッサ(@船橋アリーナ)
千 葉|26|22|15|23|=86
大 阪|11|14|23|25|=73

この試合の他の記事