2020.02.16

最後の10分間で38得点! Bリーグで初の100点台を記録した横浜ビー・コルセアーズが連敗脱出

10得点6アシストをマークした田渡[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月15日、各地でB1リーグ第23節第1戦が行われ、 横浜国際プールでは横浜ビー・コルセアーズサンロッカーズ渋谷と対戦した。

 横浜は生原秀将の連続得点やアキ・チェンバースの3ポイントシュートで幸先よいスタートを切るも、第1クォーター終盤に続けざまに得点を許し、17-23とビハインドの展開。第2クォーターはジェームズ・サザランドを中心に加点していくも、失点もかさみ、39-44と点差を1点縮めるにとどまった。

 後半に入っても渋谷の攻勢に苦戦し、第3クォーター終了時点で63-71と点差は8点。しかし、ここから怒涛の反撃が始まった。チェンバースや田渡凌の得点で一気に点差を詰めていくと、試合時間残り5分49秒時点で逆転に成功。それでも攻勢を緩めずにいると点差は見る見るうちに離れていき、最終スコア101-90で横浜が連敗脱出に成功した。
 
 レジナルド・ベクトンの26得点を筆頭に5人が2ケタ得点を挙げた横浜は、Bリーグ参戦以来初めて得点を100点代に乗せることとなった。

■試合結果
横浜ビー・コルセアーズ 101-90 サンロッカーズ渋谷(@横浜国際プール)
横 浜|17|22|24|38|=101
渋 谷|23|21|27|19|=90