2020.02.16

4人が2ケタ得点を記録した名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、敵地での愛知ダービーを制す

第3クォーターだけで10得点を挙げた中東[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月15日、各地でB1リーグ第23節第1戦が行われ、豊橋市総合体育館では名古屋ダイヤモンドドルフィンズ三遠ネオフェニックスと対戦した。

 名古屋はジャメール・マクリーンが8得点を挙げるなど躍動し、第1クォーターで7点のリードを奪うことに成功する。続く第2クォーターも安藤周人の3ポイントなどで加点し、42-37と5点差で試合を折り返す。

 第3クォーターは、河村勇輝に続けざまに7得点を奪われるなどで一時2点差まで詰められるも、中東泰斗がこのクォーターだけで10得点を挙げる活躍を見せ、65-53と再びリードを広げて第4クォーターへ。最後はロースコアの展開となり、三遠の得点を11点に抑えた名古屋が79-64で勝利。マクリーンの22得点に加え、安藤、中東、笹山貴哉の計4人が2ケタ得点を記録した名古屋が愛知ダービーを制した。

■試合結果
三遠ネオフェニックス 64-79 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@豊橋市総合体育館)
三 遠|14|23|16|11|=64
名古屋|21|21|23|14|=79

この試合の他の記事