2020.03.13

千葉ジェッツは勝率で並ぶチャンス、宇都宮ブレックス撃破へのキーマンは西村文男

国内外のバスケ情報をお届け!

千葉ジェッツvs宇都宮ブレックス(@船橋アリーナ)
第1戦:3月14日15時5分 第2戦3月15日15時5分

 Bリーグは3月14日からのリーグ戦再開を決断した。新型コロナウィルス感染症の影響により最短でも4月1日までは無観客試合で行われ、ファン、ブースターは画面越しでの観戦を余儀なくされる。しかし、この決断が決してネガティブなものではなかったと示すためにも、選手たちはこれまで以上に1分1秒を無駄にせず、遠くから見守る我々を勇気づけてくれるだろう。

 B1は14日15時5分からの3カードを皮切りに順次試合が行われるが、その先陣を切る3試合の中で最も注目のカードは千葉ジェッツvs宇都宮ブレックスだろう。現在30勝9敗で東地区首位の宇都宮に対し、千葉は28勝11敗で同地区3位。無観客試合ではあるが、今節の会場は船橋アリーナということもあり、ホームの千葉にとっては勝率で並ぶチャンスだ。

 中断前の第23節では、大阪エヴェッサをホームで連破した千葉。第1戦ではジョシュ・ダンカンの26得点20リバウンドの活躍もありインサイドで主導権を握った。計24本与えられたフリースローもチーム全体で20本を得点につなげ、86−73で勝利。第2戦はオフェンスリバウンドで相手の14本に対し5本と差をつけられたものの、富樫勇樹が第2、第3クォーターの約15分間で25得点をマークするパフォーマンスで勝利を大きく手繰り寄せた。

 宇都宮は前回のリーグ戦でシーホース三河と対戦し、第1戦では後半を32失点に抑えて8点差の勝利。続く第2戦は第3クォーターを終えた時点で2ケタリードを奪ったが、第4クォーターで計31失点。同クォーターは金丸晃輔に5本中5本の3ポイントを決められて2点差まで詰められたが、なんとか逃げ切って地区首位をキープした。

 千葉と宇都宮による今季レギュラーシーズンの対戦は、宇都宮が2連勝中。千葉は前回対戦した第14節は3点差で競り負け、その試合では計16本放った3ポイントが1本のみの成功に終わったことが大きく響いた。大倉颯太は特別指定選手としての活動を終えチームを離れたが、2月からは西村文男が戦列復帰しており、その西村が宇都宮撃破の立役者となることを期待したい。また、ギャビン・エドワーズがケガから復帰すれば、ライアン・ロシターとの対決も見どころの1つ。いずれにせよ、国内屈指の強豪同士の対決は、リーグ再開を彩る好ゲームとなること間違いなしだ。

文=小沼克年

・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
マイケル・パーカー
コー・フリッピン
田口成浩
晴山ケビン
大宮宏正
ニック・メイヨ
西村文男
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
ラシード・ファラーズ※特別指定
原修太
小野龍猛

・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太※インジュアリーリスト
ジャワッド・ウィリアムズ
ジェフ・ギブス
比江島慎
テーブス海※特別指定
遠藤祐亮
竹内公輔
渡邉裕規
山口颯斗※特別指定
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
山崎稜
喜多川修平

この試合の他の記事