2020.03.13

滋賀レイクスターズの元アルバルク東京所属選手の活躍に注目、特にジェフ・エアーズの奮起に期待

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

滋賀レイクスターズvs アルバルク東京(@ YMITアリーナ)
第1戦:3月14日18時5分、第2戦:3月15日14時5分

 今季の滋賀レイクスターズにとっては、過去3シーズンとは違う意味で重要な終盤戦になるだろう。約1カ月ぶりのリーグ戦であることと、無観客という通常とは異なる環境での戦いになる点で難しく、特に滋賀の場合は想定外の長い中断を経て1月と2月の快進撃を持続できるかという点が問われる。初のチャンピオンシップ出場を目指し、どのような戦いを披露するかが注目される。

 第23節に、滋賀はレバンガ北海道と対戦。1戦目は前半に8点ビハインドを背負ったが、後半はクロスゲームに持ちこみ、残り5秒の狩野祐介の逆転3ポイントで接戦を制した。ハイスコアで推移した2戦目はすべてのクォーターでリードを奪い、特に第1クォーターの10点リードがものをいって99得点の大勝。齋藤拓実は3ポイントを4本全て決めて22得点を挙げ、加えて11アシスト3スティールもマーク。狩野が齋藤を上回る5本の3ポイントを決めたほか、ヘンリー・ウォーカーも10アシストを記録している。

 アルバルク東京の第23節は新潟アルビレックスBB戦。1戦目はわずか41失点で危なげなく勝利したが、2戦目は大接戦。小酒部泰暉が自身最長の18分51秒出場で8得点を挙げ、勝負どころでケビン・ジョーンズのシュートが冴えて5点差でかわした。同じ東地区の宇都宮ブレックス、中地区の川崎ブレイブサンダースとは30勝9敗で横一線のままだ。

 かつてA東京でプレーしたことのある滋賀の選手は、齋藤を含めて5人いる。チームの今後を占う上でも大きな意味を持つこのA東京戦で、特に着目したいのはジェフ・エアーズだ。3シーズンぶりにA東京と契約したが、故障もあって1試合も出場しないまま滋賀へ期限付移籍。齋藤やシェーファーアヴィ幸樹と異なり、A東京での優勝経験がなく、かつ琉球ゴールデンキングスでプレーした昨季はCSセミファイナルでA東京に敗れている。チームを勝利へ導ける選手であることを、エアーズは誰よりも証明したいと思っているはずだ。

文=吉川哲彦

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
齋藤拓実
狩俣昌也
シェーファーアヴィ幸樹
佐藤卓磨
ヘンリー・ウォーカー
中村功平
谷口光貴
ジェフ・エアーズ
高橋耕陽
荒尾岳
狩野祐介
クレイグ・ブラッキンズ
伊藤大司
前田怜緒※特別指定

・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基※インジュアリーリスト
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
正中岳城
ザック・バランスキー
須田侑太郎
ミラン・マチュワン
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
笹倉怜寿※特別指定
田中大貴
津山尚大
アレックス・カーク
小酒部泰暉※特別指定

この試合の他の記事