2020.03.17

「選手としてコートに立つと決断したのは自分自身」…秋田ノーザンハピネッツ、ハビエル・カーターの覚悟

来日1年目のハビエル・カーター[写真]=鳴神富一
1981年、北海道生まれ。「BOOST the GAME」というWEBメディアを運営しながら、スポーツジャーナリストとしてBリーグを中心に各メディアに執筆や解説を行いながら活動中。「日本のバスケの声をリアルに伝える」がモットー。

 Bリーグが3月14日から無観客試合という形で再開した。B1に関してはFIBAアジアカップ2021予選での中断も含めると、約1カ月の中断期間となった。再開をしたものの普段アリーナにいるファン・ブースターがいない中でのゲーム開催、選手やコーチたちは率直に何を感じたのであろうか。3月15日に青山学院記念館で行われた、サンロッカーズ渋谷秋田ノーザンハピネッツのチャンピオンシップ出場を争うライバル同士の対戦後に話を聞いた。

「コートに立った時は選手として集中するだけ」

 秋田ノーザンハピネッツハビエル・カーター、パナマ代表としてFIBA AmeriCup 2021予選のメンバーにも選出され、南米を中心に活躍してきた選手である。今回の事態を受けて、初めての日本での生活で非常に不安を感じながらもプロのバスケットボール選手としてやるべきことにフォーカスしている様子だった。

「コートに立った時にはバスケットボール選手として集中するだけです。ただ、オフコートの時はなるべく自分が安全に、ウイルスに感染しないように心掛けるようにしていました。それが違いだと思います。コートに立っている時も確実に安全であったかと言われると、そうではないです。でも、いつでもケガする可能性だってあります。あとは他の選手の病気が移ってしまう時はあると思いますので、そこのリスクは選手として心構えをしっかりとして持っていないといけないです。自分が安全にプレーすること、ケガをしないことや病気が移らないことを祈りながらプレーするしかないと思います。選手としてコートに立つと決断したのは自分自身なので、そこはまっとうするという気持ちでいますね」

 また今回の事態を通して、ファン・ブースターの存在に関して、改めて非常に尊いものだと再認識したという。そして、彼らへの心配も言葉として残してくれた。

「まずは健康が第一だと思いますので、選手の健康もそうですけど、ファン・ブースターのみなさんやそのご家族の健康が大事だと思います。まずはそういうことを考えながらお互いに生活できればと思っています。でもこうやって無観客試合をやってみて……みなさんの前でプレーすることがどれだけ喜ばしいのかというのを再確認できました。またみなさんと一緒に会場で喜びを分かち合える日を楽しみにしています。それでもまずはこのコロナウイルスに関して、みなさんが安全で乗り切れるように祈っています。選手としてはまた来週末試合するものだと思って準備をしますので、また応援よろしくお願いします」

取材・文・写真=鳴神富一

この試合の他の記事