2020.03.17

家族とファン・ブースターの健康を祈るウィリアムス・ニカ「予防など、自分ができることをする」

昨年日本国籍を取得したウィリアムス [写真]=B.LEAGUE
1981年、北海道生まれ。「BOOST the GAME」というWEBメディアを運営しながら、スポーツジャーナリストとしてBリーグを中心に各メディアに執筆や解説を行いながら活動中。「日本のバスケの声をリアルに伝える」がモットー。

 Bリーグが3月14日から無観客試合という形で再開した。B1に関してはFIBAアジアカップ2021予選での中断も含めると、約1カ月の中断期間となった。再開をしたものの普段アリーナにいるファン・ブースターがいない中でのゲーム開催、選手やコーチたちは率直に何を感じたのであろうか。3月15日に青山学院記念館で行われた、サンロッカーズ渋谷秋田ノーザンハピネッツのチャンピオンシップ出場を争うライバル同士の対戦後に話を聞いた。

「今回のことも人生の経験になる」

日本には初めてやってきたのは2011年、あの未曾有の被害をもたらした東日本大震災を経験。それから1年海外でプレーしたものの、再び日本でのプレーを選択して2019年に日本国籍を取得すると日本代表にも選出された。秋田ノーザンハピネッツのウィリアムス・ニカは、日本人として、父親として、さまざまな想いを持って日々を過ごしている。

「コロナウィルスに関して怖さはありますが、予防など自分ができることをします。今日の試合が終わったので、まずは秋田にみんな無事に帰って、まだまだ終息することはないと思いますので健康を気にしながら、1日1日を大切に過ごさないといけないかなと思います。このウィルスのことだけじゃないですけど、1日1日を過ごすというのは何事も新しい経験だと感じていますので、今回のことも人生の経験になると思います。まずはこれを乗り越えて、多くの人が安全にウイルスに罹らずに過ごしていけるよう願っています」

「家族も心配なので、自分が家族にできることを心掛けながら過ごしていかないといけないと思います。家族もウィルスへの予防を一番に考えながら過ごすようにさせています。自分が秋田から離れて東京に来て、また秋田に戻らないといけないので、戻った時にウィルスを持ち込まないように、そして家族に移さないようにということを考えながら過ごしたいと思います。あとは祈るしかないですよね」

その中でファン・ブースターからのメッセージへの感謝と、彼らに対しての同じように健康であってほしいことを願っている。

「InstagramなどSNSを通じてファン・ブースターから『頑張ってください』などのメッセージを頂いているんですけど、本当に感謝しています。選手だけ、Bリーグだけではなくて、世界中のみなさんにとってすごく厳しい時期だと思いますので、まずはみなさんが健康でいられるように。そして、またみなさんと喜びを分かち合えるようにしたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」

取材・文=鳴神富一