2020.03.17

「プロとして“バスケットボール”を届ける義務がある」…全力プレーを約束するベンドラメ礼生

プレーすることに前向きな姿勢を見せるベンドラメ [写真]=B.LEAGUE
1981年、北海道生まれ。「BOOST the GAME」というWEBメディアを運営しながら、スポーツジャーナリストとしてBリーグを中心に各メディアに執筆や解説を行いながら活動中。「日本のバスケの声をリアルに伝える」がモットー。

 Bリーグが3月14日から無観客試合という形で再開した。B1に関してはFIBAアジアカップ2021予選での中断も含めると、約1カ月の中断期間となった。再開をしたものの普段アリーナにいるファン・ブースターがいない中でのゲーム開催、選手やコーチたちは率直に何を感じたのであろうか。3月15日に青山学院記念館で行われた、サンロッカーズ渋谷秋田ノーザンハピネッツのチャンピオンシップ出場を争うライバル同士の対戦後に話を聞いた。

「僕はリーグの判断に従う、継続するのならばプレーしたい」

 先日のFIBAアジアカップ2021予選でも日本代表として活躍したサンロッカーズ渋谷ベンドラメ礼生。試合後、試合ができることへの喜びとともに戸惑いを感じることもあった話した。

「僕は試合ができることはすごくうれしいことだと思っています。こうやって試合をすることによって、ファンの方に熱い感情や元気を与えられることができれば、それがプロとしての仕事だと僕は思います。こうやって試合を無観客にしてまでやっている意味を聞かれるとやっぱり難しいし、何か正しいのか分からない状況です。それでも、試合をする場を与えられて、ファンの人に感動を伝えられる場面があるのならば、僕は全力でプレーしたいと思っています」

 プレーすることに前向きな姿勢を見せるベンドラメ、それでも自身の中に不安な気持ちがないわけではない。

「不安はあります。でも試合は再開するという決断が為された時点で、僕らはプロとしてバスケットボールを届ける義務があると思います。もちろん良くないのかなと思うかもしれないですし、これで感染者が増えてしまったらどうするのかと思いますけど、リーグが下した決断に賛成というか……、難しいですね。ただ、試合をすると決まった以上は全力でプレーするだけかなと思います」

 その中で戦い続けた2日間、いつもとは違う環境や精神状態での戦いに寂しさを感じている様子でもあった。

「みんなも家族がいますし、外国籍選手はすごく不安な気持ちの中でやってくれています。試合をやっていてもどこか元気のないプレーや、雰囲気がイマイチ良くない時間帯もありました。シーズンが止まる前の雰囲気と比べると、やっぱりどこか少し寂しいなと思います」

 最後に今後に関して問うと、ハッキリとした口調で前を見据えながら返答してくれた。

「僕はリーグが下した決断に従うだけだと思っています。中止になったらなったでいい判断と思うし、それでも継続するとなれば、僕はプレーしたいです」

取材・文=鳴神富一 写真=B.LEAGUE、鳴神富一