2020.03.17

「選手たちはプロフェッショナルだった」…SR渋谷の伊佐勉HCが無観客試合に臨んだ選手たちを称賛

再開までの苦悩を語った伊佐HC[写真]=鳴神富一
1981年、北海道生まれ。「BOOST the GAME」というWEBメディアを運営しながら、スポーツジャーナリストとしてBリーグを中心に各メディアに執筆や解説を行いながら活動中。「日本のバスケの声をリアルに伝える」がモットー。

 Bリーグが3月14日から無観客試合という形で再開した。B1に関してはFIBAアジアカップ2021予選での中断も含めると、約1カ月の中断期間となった。再開をしたものの普段アリーナにいるファン・ブースターがいない中でのゲーム開催、選手やコーチたちは率直に何を感じたのであろうか。3月15日に青山学院記念館で行われた、サンロッカーズ渋谷秋田ノーザンハピネッツのチャンピオンシップ出場を争うライバル同士の対戦後に話を聞いた。

「試合を行うまでの1カ月間は本当に難しかった」

「難しい」という言葉を使って、この状況下でのゲームを振り返ったSR渋谷を率いる伊佐勉ヘッドコーチ。それでも自分の立場を考慮しながらも、決まったからにはやるべきという形でコメントを続けた。

「自分もそうだと思っていますけど、どの選手もどのコーチも難しいゲームだとは思っています。でも、一つだけ言えるのは個人的にはこういう状況でもやらないといけないのかなというのは実際感じています。僕はサンロッカーズのヘッドコーチとしてサインをしている以上、加えて僕が所属しているのはBリーグですので、リーグのトップがやると言っています……そういう決定に対してプロのコーチとして準備しますし、選手たちにもいい準備をさせて、試合するのであればお客さんが居ても居なくてもやるべきかと思います」

 それでもこの中断期間の1カ月間は苦しかった胸の内も少し明かした。

「あらためて、試合を行うまでの1カ月間は本当に難しいという一言ですね。選手たちのモチベーションを保つのも難しいですし、僕自身のモチベーションを保つのも実際難しい。でも、僕の心境がネガティブだったら放つ言葉に力がなくなると思うんですよね。僕はチームを率いるトップとして、どうにか選手たちを体育館に向かわせて、試合に向けていい準備をさせなくてはいけない。いろいろと工夫しながら練習時間を少し短くしたり、チームでビザパーティーをして気分転換を図ったりしたけれども、それでもやはり難しくて……でも、うちの選手たちはすごくプロフェッショナルでした。現状に対していろいろと思うところもあると思うんですけど、僕のところには一切ネガティブな会話は届いていないです。そういう意味ではありがたく感じています」

取材・文=鳴神富一 写真=鳴神富一、B.LEAGUE