2020.03.18

PCR検査を受けたレバンガ北海道のマーク・トラソリーニ、結果は「陰性」

発熱によりB1第28節を欠場したトラソリーニ[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月18日、レバンガ北海道は前日に行ったマーク・トラソリーニの新型コロナウィルスのPCR検査について、結果が「陰性」であったことを発表した。

 トラソリーニは、B1リーグ第28節川崎ブレイブサンダース戦が予定されていた3月14日に発熱。チームメートのケネディ・ミークス市岡ショーンとともに検温で37度以上の発熱が確認されていた。発熱に加え、咳などの症状も見られたトラソリーニは新型コロナウイルスのPCR検査を受けていた。

 現在では3選手とも体調が回復しており、通常通りのチーム活動に復帰しているという。