2020.03.30

A東京の選手たちがBリーグ中止にコメント…須田侑太郎「やるべきことをやり続けられたことは誇りに思う」

A東京の選手たちが自身のSNSを通してコメントを発表した[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月27日、Bリーグは新型コロナウイルスの影響により、ポストシーズンを含む全日程の中止を発表。

 3連覇を目指すシーズンを戦っていたアルバルク東京の選手たちが、自身のSNSを通してその胸中を明かしている。

#1 小島元基
「今シーズン応援ありがとうございました。僕自身3度目の手術になり中々うまくはいきませんでしたが少ない人数で闘うチームメイトの姿を見てがんばろうと思いましたし、申し訳ない気持ちになりました。今はいい準備ができています。皆さんの健康を祈りつつ、また準備を続けます。またケガで苦しんでいる若い子のモチベーションになれればと。楽しみにしててください」

#10 ザック・バランスキー
「プロ5年目はケガという思わぬ形で始まりコロナウィルスという思わぬ形で終わりました。いろいろと経験できたシーズンでいろいろ考えさせられたシーズンでもある」

「バスケはすごく大好き。でも、バスケより家族と命が優先。当たり前のことだと思う。人の考えはそれぞれでいいと思うし誰かに押し付ける気もない。リーグもすごく大変な判断をした。俺は賛同と感謝をしている。元気な体があってこそのスポーツだから。今はひっそりと家でリラックスしながら体もリフレッシュしてコロナにも注意しながら気が向いたらまた来シーズンに向けて頑張りたい」

「シーズンは終わってしまったけどケガしてもたくさん応援して後押しして呉れたアルバルカーズには感謝しかありません。本当に励ましてくれたおかげで頑張れた
またチームのみんなには迷惑かけたけど8人とかでも勝ち続けてくれたおかげで地区優勝もできた。君たちは最高だよ。そして忘れちゃいけないのはケガしてどんなに愚痴っても全力でサポートして向き合ってくれたスタッフの皆さん本当にありがとうございます」

#11 須田侑太郎
「今シーズン共に闘ってくれたファンの皆さん、ありがとうございました。思いもよらない形でシーズンが終了してしまいましたが、信念を持ってやるべきことをやり続けられたことは誇りに思います。そしてリーグの決断に感謝します。各々が今できること、やらなければならないことを徹底しましょう!」

「また皆さんの前でプレーできる日を楽しみにしています。今シーズンもたくさんのご声援ありがとうございました。」

#13 菊地祥平
「今日をもって2019-2020シーズンが終了しました。苦渋の決断だったと思いますが、リーグの決断に賛同し感謝します。この苦難を皆で団結し、乗り越え、更にパワーアップして戻ってきます!
まずは免疫力アップのため、ゆっくり休みます。皆様の応援が本当に力になってました!応援ありがとうございました!!」

#53 アレックス・カーク
「プロとしての6年目、ここ日本での3年目は、Bリーグがシーズンをキャンセルしたことで正式に終わりました。現時点で今シーズンに起こった素晴らしい出来事を振り返ることは困難ですが、これを素晴らしいものとして思い出してくれることを願っています! プレーヤーとして、始めたものを終えることができないのは複雑ですが、私たちはこの世界を健康で安全なものにするために広い視野で見ています。チームメート、コーチ、アルバルク東京のスタッフに心から感謝します。ファンの皆さんにとっても辛かったことはわかっています。皆さんの前で再びプレーするのが待ちきれません!」