2020.04.06

大阪エヴェッサ、新たに選手3名の新型コロナウイルス陽性判定を発表

国内外のバスケ情報をお届け!

 4月6日、大阪エヴェッサは新たに選手3名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が確認できたことを発表した。なお、選手のプライバシー保護のために氏名は公表していない。大阪では2日に選手1名、3日にチーム関係者1名が新型コロナウイルス陽性判定を受けていた。

 各選手に関する経過の概要は以下のとおり。

【選手に関する経過の概要】
● 4月4日(土)
選手A:PCR検査を実施
選手B:PCR検査を実施

● 4月5日(日)
選手A:PCR検査の結果、陽性判定を確認、入院先が決まるまで自宅待機
選手B:PCR検査の結果、陽性判定を確認、入院先が決まるまで自宅待機
選手C:PCR検査を実施

● 4月6日(月)
選手C:PCR検査の結果、陽性判定を確認、入院先が決まるまで自宅待機

 大阪は今後の対応について、「引き続き、濃厚接触者の調査と、チーム、スタッフ、クラブ関係者全員の体調管理および周知の徹底を行ってまいります」と発表している。