2020.04.23

琉球のジャック・クーリーが結婚「沖縄で正式に夫婦になれるのであればとても素敵なこと」

入籍が発表されたクーリー[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 琉球ゴールデンキングスは23日、ジャック・クーリーが婚約者のアレクサンドラさんとともに沖縄県内役所へ婚姻届を提出したことを発表した。

 琉球の発表によると、クーリーは昨年1月にイタリアでアレクサンドラさんにプロポーズ。2人は今年6月に母国アメリカ・シカゴで挙式する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、挙式の延期を余儀なくされていた。しかし、これまで沖縄での生活を満喫していたクーリーとアレクサンドラさんは「今の状況で大勢の人達の前で祝福を受けることができなくても、沖縄で正式に夫婦になれるのであればとても素敵なこと」という願いから、婚姻届を沖縄の地で提出することで正式に夫婦となることを決断したという。

 現在29歳のクーリーは2019年7月に琉球入団を果たし、今シーズンは1試合平均13.3リバウンドを記録してB1のリバウンド王に輝くなど、チームをけん引する活躍ぶりを見せた。今回の発表に際し、クラブは公式SNSを通じてクーリー夫妻のコメントを発表。

「結婚できて本当に幸せです! 沖縄で結婚できたことはとても嬉しい思いですし、これで私たちの人生の中で”沖縄”は、一生忘れることがない大切な場所になりました。これからも沖縄を大切に思い、この島で親切な人達に囲まれ、暮らせることに感謝しています」

 また、琉球の藤田弘輝ヘッドコーチもクラブ公式HPを通じて祝辞を寄せている。

「Jackさん、Alexandraさん、おめでとうございます。

 まずはAlexandraさん、今シーズン、Jackへのサポート本当にありがとうございました。Jackの今シーズンの活躍は、Alexsandraさんの支えなしには出来なかったと思いますし、そのJackの活躍が今シーズンのキングスに大きな影響をもたらしてくれました。

 人生でとても素晴らしい瞬間である結婚を、沖縄ですることを選んでくれてとても嬉しいです。JackのAlexandraさんに対する愛や思いやりは、様々な話をする度に感じていました。

 結婚式が延期になってしまったのは残念ですが、これからどんな逆境があろうとも二人でリバウンドして乗り切り、素晴らしい家庭を築き上げると確信しています!改めて結婚おめでとうございます!」