2020.05.19

大阪エヴェッサ、世代別代表に選ばれた経験を持つ角野亮伍と契約合意

藤枝明誠高校卒業後、渡米した角野亮伍が大阪エヴェッサと契約 [写真提供]=大阪エヴェッサ
国内外のバスケ情報をお届け!

 大阪エヴェッサは19日、角野亮伍との契約合意を発表した。背番号は「8」を背負う。

 U-16やU-18、U-24日本代表に選ばれた経験を持つ同選手は、192センチ90キロのスモールフォワード。藤枝明誠高校からアメリカのセント・トーマスモアスクールへ進み、NCAAディビジョンⅡのサザンニューハンプシャー大学へ入学。同大学では4シーズンプレーし、2019-20シーズンは25試合の出場で平均3.1得点を挙げた。

 大阪でプロキャリアをスタートさせる角野は、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「みなさん、初めまして。今シーズン大阪エヴェッサと契約をしました角野亮伍です。

 大阪エヴェッサにはアメリカの大学でプレーをしている時から視察に来てくれるなど熱意を持って声をかけていただき感謝しています。ルーキーではありますが、アメリカで学んだハードにプレーすることを練習から表現していき、プレータイムを勝ち取りたいと思います。

 ファン・ブースターの皆さんが楽しみ、喜び、そして興奮する選手になりたいと思っています。皆さんと会場でお会いできることを楽しみにしていますので、気軽に声をかけてください!」