2020.05.22

島根スサノオマジックが後藤翔平と阿部諒との契約合意を発表

島根との契約合意となった後藤と阿部[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 島根スサノオマジックは22日、後藤翔平阿部諒との契約合意を発表した。

 北海道出身の後藤は、180センチ85キロのシューティングガード。大阪学院大学から金沢武士団に進み、2017年に島根へ加入。今シーズンは41試合の出場で68得点(平均1.7得点)57アシスト(同1.4アシスト)を記録した。

 現在25歳の阿部は、183センチ85キロのシューティングガード。拓殖大学、サンロッカーズ渋谷を経て2018年に島根に加入。在籍2年目の今シーズンは40試合に出場し、178得点(同4.5得点)99アシスト(同2.5アシスト)を挙げた。

 両選手はクラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

後藤翔平
「新シーズンも島根スサノオマジックの一員として戦わせてもらうこととなりました。
 
 今シーズンは途中で終わってしまいましたが、シーズン中に大きな怪我をすることなく、全試合に出場できたことは良い経験となりました。そしてプロキャリアの中で初めてヘッドコーチが代わり、不安も大きかったですが、試合に出て自分のやるべきことをコートで表現できたことも、僕にとって大きな自信になりました。
 
 若手から中堅へと差し掛かってきた今シーズン、オンコートはもちろん、オフコートでもチームを引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います。今シーズンも応援よろしくお願いいたします!」

阿部諒
「2019-20シーズンも熱いご声援をいただき、ありがとうございました。

 また、2020-21シーズンも島根スサノオマジックでプレーする機会を下さったクラブ関係者の皆様に感謝いたします。昨シーズン以上に活躍ができるように日々努力して参りますので、今シーズンも熱いご声援をよろしくお願いいたします。そして、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今は我慢の時期ですが、明るい未来のために共に乗り越えていきましょう!」